アイフルは運転免許証があれば申し込みができます

運転免許証など 申込みに使えます
収入証明など

・アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
・アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
・就業状況の確認等、審査の過程で確認が必要となった場合

基本、運転免許証のみでOKですが、上記の条件に当てはまると収入証明が必要です。

 

収入証明の提出はアイフルに限ったことではなく、法令で定められていることなので他社でも同様です。

 

また引っ越したばかりで書類と現住所が異なっていても追加書類があれば申し込めます。

現住所が記載されている 健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳 等
公共料金領収書 電気、ガス、水道、固定電話、NHK
官公庁発行書類 住民票、納税証明書、印鑑登録証明書 等

※公共料金領収書は直近2回分までのもので、領収押印があるもの
※官公庁発行書類は氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6か月以内のもの)

 

この中からいずれか1点あれば申し込みできます。

運転免許証の代わりになるもの

運転免許証をお持ちでない場合は以下の書類が使えます。

 

ただし用意できる書類が「顔写真付き」「顔写真なし」で異なります。

 

顔写真付き書類を用意できる場合
以下のいずれか1点でOK

  • パスポート住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
  • 個人番号カード(表のみ)

顔写真なし書類を利用する場合
この場合は以下のいずれかとなり、複数の書類が必要です。

  1. (A)から2点
  2. (A)から1点と(B)または「補完書類(※)」から1点の計2点
  3. (B)から1点とアイフルから簡易書留送付
A B
健康保険証、年金手帳、母子健康手帳 戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書 等

「補完書類」とは上記の本人確認書類に記載の住所が現在住所と異なる場合の書類と同じです。
※有効期限のない公的証明書は発行日より6か月以内のものに限ります。
※取引内容によっては簡易書留を送付しない場合もあります。

収入証明が必要な場合

以下の書類から1点を提出します。

源泉徴収票

源泉徴収票

給与明細書

給与明細書

住民税決定通知書

住民税決定通知書

所得証明書

所得証明書

確定申告書

確定申告書

給与明細書を提出する際の注意点

直近2ヶ月分が必要です。なお、地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみで可となる場合もあります。「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていない場合や手書き部分がある場合は、勤務先の社印もしくは社判が必要です。

その他有効とされる収入証明一覧

青色申告決算書
税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの
収支内訳書
税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの
支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
年金証書、年金通知書
年金以外に主となる定期的な収入がある方に限る(主な収入が年金のみの方は対象外となります)

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る