アイフルの審査基準

アイフルのIRから審査通過率が分かる!他社と比べて審査は厳しい?

IRとは、主に投資家向けに作られた、企業の情報開示のことを指します。

アイフルも「企業・IR情報」として経営状態などの数値を公表しているのですが、そのIRからアイフルの審査通過率も判断することができるのです。

でも、株も投資もやってない素人が、IRで審査通過率とか分かるの?

うんうん、そうですよね!

株や投資ってなんだか難しそうですもんね!

IRはふだん見ない資料であるため、内容を見て把握できるか不安に思ってしまいます。

しかし、IRの情報はアイフルの審査に通過するうえで重要となる情報もあるため、把握しておくことが重要です。

では、アイフルは他社と比較して審査は厳しいのか、また審査通過率はどの程度なのかを詳しく確認していきましょう。

さらに、アイフルを昔から利用している場合には、過払い金請求ができるのかも併せて解説します。

\ 3項目で簡単診断! /借入れシミュレーション

アイフルのIR情報から審査通過の難易度が分かる?

アイフルのIR情報を確認することで、審査通過率などの審査に関する情報を把握できます。

アイフルが開示しているIR情報は、財務情報、企業情報、経営方針、株式・株主情報、個人投資家向けの主に5つに分類されています。

いやいや、個人投資家じゃないからそういうの関係ないよ!

そうですよね!株や投資をしていないと関係ない気がしますよね!

わたしも最初は「関係ないんじゃないかな~」と思っていましたよ。

でも実は、ここに記載されている情報や数値からアイフルの審査の厳しさなどが推測できるのです。

アイフルに申込みを検討しているけれども審査に通るか不安
同業他社と比較して新規で通過できる可能性はどの程度なのか

このような、気になる情報もIR情報から確認できます。

それでは具体的にどこを見れば分かるようになっているのかを、次で詳しく見てみましょう。

資料の新規獲得件数から審査の難易度が分かる

IRの資料の中の「新規獲得件数」を見ることで、審査に通過する割合を把握することができます。

アイフルの財務情報の中にある「月次データ」を見ると、月ごとの新規獲得件数が表記されています。

申込者に対して新規獲得件数が多ければ、その分、審査に通った人が多いことが分かるので審査傾向は緩やかではないかと推測されるのです。

実際のデータでは、申込者に対して審査に通過した割合を示す「新規成約率」という指標が使われています。

「新規成約率が何かイメージがつかない」という人は、新規成約率が高ければ審査に通過した人が多かったとだけ覚えておいてください。

それでは、実際にアイフルの新規成約率がどの程度なのか次の表で確認してみましょう。

アイフル新規獲得件数

2019年4月 2019年5月 2019年6月 2019年7月 2019年8月
新規成約率 42.4% 44.0% 43.1% 41.5% 42.7%

2019年4月~2019年8月分の成約率を平均すると42.7%という数字が出ます。

ざっくり言うと10人申込みをした場合、審査に通ったのは4人という計算です。

どうですか?

この結果を見て、審査は通りやすいと感じますか?難しいと感じますか?

もちろんこのデータブックだけの数字で「成約率が高い、低い」という判断は難しいので、この数字を基準として、他社と比較した場合どうなのかをさらに分析していきます。

アイフルとレイクの審査通過率を比べてみた

同じ消費者金融で比較して、アイフルの審査通過率が高いのか判断してみます。

アイフルの新規成約率は、半数を若干切っている程度ですから、数値を見るとそんなに厳しい印象を与えないと思います。

しかし比較対象がなければ、この数値が高いのか低いのかすらよく分かりませんよね。

そこで同業他社であるレイクALSAの新規成約率と比較してみましょう。

2018年6月 2018年9月 2018年12月 2019年3月 2019年6月
新規成約率 28.9% 29.5% 30.8% 30.1% 30.2%

アイフルと全く同じ月とは行かなかったものの、数字で比較してみると新規成約率はアイフルのほうが高いことが分かります。

10人申込みをしても3人程度しか審査に通過しなかったということですので、新規で審査に通る可能性はアイフルのほうに軍配が上がります。

消費者金融って審査に通りやすいイメージがあるのに、そんなに審査に通らない人がいないのは意外だな。

うんうん。そうですよね!

消費者金融は審査が簡単というイメージがあるので、もっと審査に通りやすくなっていると勘違いしやすいです。

しかし、消費者金融も審査基準を満たしているかどうか、厳しくチェックしているため、審査基準を満たさない人は容赦なく審査落ちしています。

銀行カードローンとは比較できない

大手消費者金融と銀行カードローンでは、どちらの審査通過率が高いか比較したいところですが、銀行カードローンは情報を開示していないので比較できません。

大手消費者金融はIR情報を開示している傾向があるので比較できるのですが、銀行カードローンは、そもそも銀行がIR情報を開示しているところがないので比較のしようがないのです。

銀行によっては経営状況のディスクロージャーを公表しているところもありますが、カードローンについての細かい情報を開示している銀行はほぼありません。

銀行、消費者金融ともに審査基準は公表していないので、IR情報から得られる新規成約率を持って審査に通りやすいのかどうかを判別すればいいのですが、開示していないものとは比較ができないのです。

でもさ、銀行のほうが審査は難しいんでしょう?

そういうイメージがありますよね!

でも、銀行カードローンとは審査基準が違うため、簡単に比較することはできないんです。

ただし、一般的に銀行カードローンは、消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあるので、先に話したアイフルやレイクALSAの新規成約率よりももっと低い可能性は否定できません。

新規成約率にかかわらず、審査通過のポイントをしっかりと押さえて対策をすることが重要です。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

アイフルのIR情報サイトから分かることは?

IRの情報を確認することで、新規成約率以外にもアイフルの経営や事業について把握することができます。

先に「アイフルのIR情報で新規成約率が分かる」と話しましたが、そのほかの項目でもアイフルの内情などがしっかりと分かるようになっています。

例えば次のようなことです。

  • アイフルが倒産する可能性が低いことが分かる
  • 事業内容などの企業の現状が分かる

IRの情報はアイフルの株主でなくても見られる情報なので、個人投資家以外の人でも確認することができます。

それではアイフルのIR情報サイトから分かることを確認していきましょう。

アイフルが倒産する可能性は低いことが分かる

IRの情報を見ることで、アイフルの経営状況がある程度把握できるため、借り入れした後に倒産してしまわないかどうかが分かります。

どんなに大企業と言えど、ある日突然倒産してしまうことは珍しい話ではありません。

特に個人投資家であれば株を購入した先が倒産ともなれば、大惨事になってしまいます。

そのためIR情報から得られる内容で、今後も問題なく運営できるほどの体力があるのだろうかなどを判断する必要性が出てきます。

IR情報の中にある「財務情報」そして「決算短信」の情報を確認すれば、アイフルが倒産する可能性が高いのか低いのかを判断することができるので活用してみてください。

え~!でも、財務情報は難しすぎてどこを見ればいいか分かんないよ~!

うんうん、そうですよね!

いきなり財務情報を見ても、何のことやらですよね!

では取りあえず、自己資本比率(自己資本÷総資本)の割合が何%かを確認してください。

自己資本比率が低いと、借金などの持ち金以外のお金が多く、経営が安定していない証拠と言えます。

事業内容などの企業の現状

アイフルで展開している事業は、消費者金融以外にどのような事業があるのかということも、IR情報から確認することができます。

例えば、アイフルのグループ会社には、クレジットカード会社のライフカードや、ベンチャーキャピタルを行っているAGキャピタル株式会社などがあります。

また就職先をアイフルにと検討している学生であえば、一度面接前にIR情報は一読し、情報を頭に入れておくことをおすすめします。

面接時に必ず聞かれるとは限りませんが、今から就職しようとしている企業がどのような倫理観で会社を動かしているのか、コンプライアンスはどうなっているのかなどが確認できます。

最新のIR情報は一括ダウンロードできる

IR情報は常に最新情報が、アイフルの公式ホームページから一括ダウンロードすることができます。

情報は常に最新のものでないと、「情報」から「過去の知識」と成り下がってしまいます。

とはいえ毎回アイフルのIR情報を検索し、確認するのも手間がかかってしまいます。

そこで役立てたいのが、アイフルIR情報の一括ダウンロードです。

決算短信やデータブックなど必要な情報はすべてPDFでダウンロードができるので、必要であればダウンロードをしておくといいでしょう。

アイフルIR情報

アイフルの配当利回りの調べ方は難しい?

もしアイフルの株を所有することになれば、やはり気になってくるのが配当金の利回りです。

簡単に確認できればいいのですが、どうやらアイフルの配当利回りの調べ方が難しいという噂があるようです。

実際に、アイフルで配当利回りを確認するには、どこを確認したらいいのかを確認していきましょう。

公式サイトで資料を確認しよう

アイフルの配当利回りは公式サイトの資料で確認することができます。

IR情報にある「株価情報」をクリックすると、現在の株価(Yahoo!株価)と、過去の株価(Yahoo!株価)が見られるので、そこで確認できます。

「もう少し詳しく確認したい」ということならば、同じくIR情報にある「配当・株式分割・自己株式」の項目からでも確認ができます。

なお、アイフルは2010年度から2019年度まで、配当金なしとなっているため、過去の状況を考えると配当利回りを受け取るのは、難しいかも知れません。

アイフルの株主総会はどこで行われる?

アイフルでも毎年必ず株主総会が開催されていますが、開催される場所はどこになるのでしょうか。

所有している株式会社の基本情報から重要事項まで決定する総会が、株主総会です。

アイフルの株を持っているんだけど、勝手に行ってもいいのかな?

おっ!

株主総会に興味ありですか?

でも残念ですが、アイフルからの招集通知を持っていないと行けないんです。

では、アイフルの株主総会について詳しく見てみましょう。

アイフルの株主総会は京都の本社で行われる

アイフルの株主総会は、毎年6月下旬に京都の本社(京都市下京区鳥丸通五条上る高砂町381-1)で行われます。

とはいえいくら株を所有していたとしても、勝手に出向いて自由に参加できる議会ではありません。

必ず対象者には事前にアイフルから「招集通知」が届くので、それを持っていないと参加できないのです。

単純に「アイフルの株を1株持っている」という程度では、株主総会には参加できないので注意してください。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

アイフルから昔の過払い金の請求は可能?

ここからはガラリと話が変わって、「過払い金請求」について解説したいと思います。

過去にアイフルを利用していた人は、過去の返済分に関して過払い金請求が可能か気になるところです。

そうそう!気になるんだけど、『過払い金には期限があります』ってテレビで見たから、どうなんだろう?って思ってたんだよね!

うんうん、そうですよね!

お金が帰ってくるのなら請求したいけど、「期限」が気になりますよね。

ではアイフルで過払い金の取扱いについて確認していきましょう。

最終取引日から10年たっていると不可能

過払金請求はどの会社に申立てするとしても、最終取引(完済日)から10年以内に行わなければなりません。

最近CMなどでもよき見聞きするので、聞き覚えがあるかも知れませんが、借金の過払い金請求には10年という時効があり、それ以前のものは請求がそもそもできないのです。

10年を超えてしまえば、もうその過払い金は「時効」扱いとなるので、仮に本来過払い金が発生していた案件だとしても、取り戻すことはできません。

じゃあ、カードローンを10年以上前から今まで利用していた場合はどうなるの?

現在もカードローンを利用している場合には、最終取引が更新され続けているため、基本的には過払金請求が行えるケースが多いです。

ただし、過払い金は自身で請求手続きをしない限り、勝手にアイフルが判断して返金してくれることはありません。

そのため少しでも可能性があるのならば、一度アイフルに連絡をして過去の取引履歴の開示請求をしてみましょう。

過払い金の対象期間は2007年8月1日より前

アイフルで過払い金請求の対象となるのは、2007年8月1日より前の借入金です。

過払い金の有無は、過去の取引履歴を開示してもらい、金利を18.0%に引き直し計算をしてみないことには、本当に発生するのかどうか分かりません。

つまり、取引履歴を見て、18.0%以上の高金利で取引していたかを確認する必要があるのです。

じゃあ、取引履歴を見るまでは過払い金があるか分からないの?

残念ですが、そういうことなんです!

でも、過払い金があるかどうかの目安は知りたいところですよね。

詳しくはやはり取引履歴を見なければ分かりませんが、ひとつの目安として2007年8月1日よりも前から、アイフルで借入をしていた事実があるか確認してください。

というのも、その時期は法定金利が29.2%から18.0%に引き下げられた時期なのです。

そのため2007年8月1日より以前から取引があれば、必然的に過払い金が発生している可能性が高いと言えるのです。

とはいえ、一度、取引履歴を開示し計算してみないことには明確な金額は出せません。

まずはアイフルに連絡をして取引履歴の開示請求をしてみましょう。

過払い金の全額返還は難しい

これまで、過払い金請求は行えると紹介してきましたが、過払い金請求をしたとしても全額返還してもらうのは難しいです。

アイフルに取引履歴の開示請求を行い、引き直し計算をした結果、やはり過払い金があることが分かれば、あとはアイフルに対し「払いすぎていた利息を返してほしい」という過払い金返還請求ができます。

しかし、理論的には、払いすぎていたのですから全額返してもらえるのですが、現実として全額返還は意外とハードルが高いものなのです。

まず担当者との交渉からスタートしますが、話合いだけですと5割以下の過払い金程度しか戻ってきません。

そこで「それでは裁判」となったとしても過去の判例から全額取り戻したケースは多くありません。

返還金額が高額になればなるほど、裁判も長期化してしまいますので、アイフル過払い金での全額返還は険しい道だと認識しておくといいでしょう。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

最短30分で審査終了。最速1時間で融資完了です。
1秒診断を試してみる
審査は最短30分。最速1時間で融資完了。
1秒診断を試す