アイフルの返済についてそれぞれのメリットと特徴

アイフルでは状況に合わせて自由に選べるよう多くの返済方法が用意されています。

  • 振り込み
  • アイフルの店舗
  • アイフルATM
  • 提携先のATM
  • コンビニのATM
  • 口座振替(自動引落)
手数料 返済可能単位 一括返済 その他

口座引き落とし
(口座振替)

無料 1,000円 ×

追加返済不可・約定日制のみ可能

振り込み

有料
※振り込み時に利用する金融機関によって異なる

1円
提携ATM

1万円以下:108円
1万円超:216円

1,000円
アイフルATM 無料 1,000円
アイフル店舗 無料 1円
コンビニのサービス端末

1万円以下:108円
1万円超:216円

1,000円

 

返済のサイクルについても2通り用意されています。

約定日制 毎月決まった日
サイクル制 次回返済が35日以内

これらの返済方法を組み合わせることで

  • 利便性の高い返済方法
  • 手数料が不要な返済方法
  • 早く返済を済ませる方法

があり、よりアイフルが使いやすくなります。

アイフルへ振込みによる返済

全国の金融機関の窓口・ATMから返済できます。もちろんネットバンキングでも可能です。

 

契約時のアイフル店舗指定口座へ振り込みにて返済となります。振込先は会員サービスから確認できます。

 

※振込手数料は利用者の負担です。

POINTわざわざ銀行に行って振込の手続きは面倒ですし、手間がかかることは忙しいと後回しになり結局忘れたりします。

 

近所に銀行があり、ネット系の返済が苦手な方に向いています。尚、金融機関のネットバンキングを契約していれば手間が省けます。

アイフルの店舗で返済する

手数料は無料です。全国のアイフルの店舗窓口で返済できます。

 

※営業日・時間は平日10:00〜18:00。店舗により一部異なりますので店舗情報から確認してください。

POINT手数料は無料ですが設置数の少なさがネック。アイフルの店舗は全国に10数店舗。実質的に近所には存在しないと考えたほうがいいでしょう。営業も平日しか行っていません。

アイフルの専用ATMで返済する

手数料は無料です。全国のアイフル自社ATMから返済できます。

 

※営業日・時間は、店舗により一部異なります。各ATM情報から確認してください。

 

営業時間は土日も含め7:00〜23:00ですが、都心では7:00〜26:00で使えるATMもあります。

POINTアイフルの自社ATMは全国に約450台。多くの無人契約機に併設していると思いがちですがそうではありません。よって事前にATMの場所を確認しておく必要があります。

アイフル提携先のATMで返済する

全国の提携先金融機関ATMから返済できます。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • ローソンATM
  • E-net(主にファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなど)

提携先ATMを利用の場合、所定のATM手数料がかかります

お取引金額 入金 出金
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円
POINT提携ATMなら全国どこでもありますし、気づいた時にすぐに返せるのが特徴です。特にコンビニなら24時間営業しているので時間を選びません。

コンビニのマルチ端末から返済する

ローソン(Loppi)・ファミリーマート(Famiポート)に設置のマルチメディア端末から返済できます。
原則7:00〜23:30まで、土・日・祝日を問わず返済できます。
※コンビニ返済は所定のATM手数料が必要です。

POINTコンビニのATMからの返済同様、全国各地に設置されています。

口座振替(自動引落)で返済する

ご自身の指定銀行口座より自動的に引き落としされます。
郵送での手続きなら「毎月6日・23日・27日」、店頭・WEB申し込みなら「毎月3日・26日・27日・28日」から引き落とし日を選択できます。

POINT自動で引き落としされるので返済日を忘れて延滞してしまう心配がありません。口座振替の書類は若干面倒ですが一度手続きしてしまえば一番手軽で確実な返済方法です。

返済期日の約定日制とサイクル制

約定日制とサイクル制があり、毎月決まった日までに返済するか次回返済日が35日以内になるかのどちらかになります。

 

アイフルの公式サイトで2つの返済サイクルを同じ条件でシミュレーションすると以下のような結果となります。

 

条件:借入額30万円・追加借入なし・金利18%

月々の返済額 返済に要する日数 返済金総額
約定日制 11,000円 3年0ヶ月 388,683円
サイクル制 13,000円 2年11ヶ月 385,927円

サイクル制のほうが支払総額も返済期間も少ないですが大きな差ではありませんし、その代り1回あたりの返済額は2,000円高くなっています。

約定日制

都合のよい毎月一定の返済日を指定する方式です。返済期日までの10日間が返済期間となります。

 

例えば毎月25日を返済日と設定した場合、何月でも25日が返済日となり、そこが土日祝の場合は次の平日が返済日になります。

CHECKこの場合25日ピッタリに返済しなくてはいけないわけではなく、そこまでの10日間が返済期間となります。例:4月15日〜25日の間に返済すればOK。但しそれ以前に返してしまうと「前月分の追加返済」と扱われるので返済日は通常通りになります。

サイクル制

返済日の翌日から35日後が次回返済日となる方式です(初回借入時は借り入れの翌日から35日後)。

 

※返済は返済期日の前であればいつでも返済可能です。

 

例えば8月7日に返済した場合、35日後の9月11日が返済日となります。もしその途中9月7日に返済した場合、今度はそこから35日後の10月12日が返済日となります。

 

サイクル制は返済日と言うより「返済期日」と捉えたほうが分かりやすいかも知れませんね。

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式における返済金額

毎月の最低返済額は予めアイフルの定めた金額になります。(返済金額の中には元金や利息、手数料などすべて含む)

 

設定された返済金額以上であれば、多く返済することも可能です。また新たに借り入れのあった場合、借入直後残高にしたがって、返済金額が見直されます。

借入直後残高 サイクル制 約定日制
1円〜100,000円 5,000円 4,000円
100,001円〜200,000円 9,000円 8,000円
200,001円〜300,000円 13,000円 11,000円
300,001円〜400,000円 13,000円 11,000円
400,001円〜500,000円 15,000円 13,000円
500,001円〜600,000円 18,000円 16,000円
600,001円〜700,000円 21,000円 18,000円
700,001円〜800,000円 24,000円 21,000円
800,001円〜900,000円 27,000円 23,000円
900,001円〜1,000,000円 30,000円 26,000円

完済金額の確認方法

アイフルのホームページからログインすることで確認が可能です。

結局どの返済方法が良いのか?

  • やはり手数料がかからないアイフル専用ATMで返済する
  • 返済期間については自分の収支に合ったほうを選択する

が一つの基準になるのではないでしょうか。

業界最速クラス!3つのお金の借り方

14時までにアイフルで借りる

平日14時まで
最短即日振込可能・来店不要・カード不要
受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります

アイフル即日融資

平日14:00〜21:00の場合
カード受け取り後に融資
ネットで事前申込み後、近くの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取りアイフルATMまたはコンビニ・銀行ATMでお金を借りられます

アイフル土日即日融資

平日21:00以降・土日祝の場合
翌営業日9時以降に出金
ネットの事前申し込みでアイフルの翌営業日にお金を借りられます


カードローン人気ランキング

アコムの特徴
  • 審査は最短30分!
  • 即日振込みも可能!
  • 融資までの時間は最短1時間!
  • 初めてなら30日間金利0円
  • ネット申し込みの後ならむじんくんでの作業時間は最短5分!
審査時間 最短30分
評価 評価5
備考 最速1時間
アコムの総評
申込みの手軽さ、お金を借りられるまでの速度で考えるとやっぱりアコムが一番人気!
毎日約1400人の申し込みがあります。基本書類は運転免許証のみでOK!

アイフル

アイフルの特徴
  • 即日融資も可能
  • 融資まで最速1時間
  • 女性専用ローンあり
  • カード受け取りは時間指定が可能
審査時間 最短30分
評価 評価4.5
備考 最速1時間
アイフルの総評
アコムと同様に最短30分審査で最速1時間融資が可能です。 ネットから申込んだあとで電話をして融資を早めてもらう流れです。
トップへ戻る