アイフルには年齢制限はある?申し込み条件と審査基準を紹介

アイフルでお金が必要な方
ちょっとお金が足りないというときは、大手消費者金融のアイフルからお金を借りることも解決策のひとつです。

 

しかし、誰でもアイフルからお金を借りることができるわけではなく、年齢や収入などの条件をクリアしなければなりません。

 

この記事では、何歳まで借りられるか、年金受給者でも借りられるかなどについて紹介していきます。

アイフルにも年齢制限がある

パートやアルバイトでも借り入れができるアイフルですが、年齢や収入などに条件があるので、誰でもお金を借りられるわけではありません。

 

申し込みできる年齢は「満20歳以上69歳まで」と決められているため、それ以外の年齢の人は申し込むことができません。」

じゃあ、未成年や70歳以上の人は借りれないってこと?

そうですね、そういうことになりますよね。

 

条件を知らずに申し込みを行うと、審査に落ちてしまいますので注意が必要です。

 

まずは、アイフルの申し込み条件を見ていきましょう。

アイフルの申し込み条件

一目でわかりやすいようにアイフルの申し込み条件を表にまとめてみました。

年齢条件 満20歳以上69歳まで(70歳からは借り入れ不可)
収入 定期的な収入と返済能力がある人

審査に通るかどうかも心配ですが、まずはこの申込み条件に当てはまっていることが条件になります。

年齢制限の範囲内でも申し込みできない人

上記で紹介した年齢条件を満たしている人でも、申し込みできないケースがあるので注意してください。

 

具体的には、申し込みを行った本人に収入がないと申し込みができません。

 

したがって、例え世帯年収がいくらあったとしても、パートもアルバイトも行っていない専業主婦は申し込めないので注意しましょう。

 

なお、年金受給者については、この後で紹介します。

 

アイフルでお金を借りるためには、年齢と収入のふたつの条件を満たさなければならないことを覚えておきましょう。

 

収入さえあれば、正社員である必要はありません。

 

パートでも大丈夫ですので、アイフルを利用したいのであれば収入を得るようにしてください。

年金受給者でもアイフルの借り入れはできる?

アイフルでは、年金受給者も申し込むことができます。

 

しかし、パートやアルバイトなどをして、安定した収入があることが必要になります。

え?年金収入だけじゃだめってこと?働いてないとだめなの?

そうなんですよ!

 

年金以外に安定して入ってくる収入があることが申し込める条件になります。

 

他にも、借入れできる年齢にも限度がありますので併せて解説していきます。

年金受給者も申し込みは可能

年金受給者であってもアイフルに申し込みすることはできますが、パートやアルバイトなどの安定継続した収入が必要です。

 

残念ながら年金収入だけの場合は、申し込みできないので注意してください。

 

現在年金収入しかない人は、パートやアルバイトをしてからであれば申込めるようになります。

70歳で融資停止になる

アイフルを申し込めるのは申し込みを行ったときの年齢が、満20歳以上69歳以下の人です。

しかし、審査に通過したら何歳になっても利用できるという訳ではなく、借り入れができるのは69歳までです。

 

70歳になると追加で借り入れを行うことはできなくなり、残っている借金の返済を行うだけになります。

70歳までと聞くと、借りられる期間が短いと感じる人もいるかもしれませんが、65歳までの金融機関もあることを考えると、アイフルが利用できる期間は長い方だと言えます。

学生は成人してから申し込み可能

20歳になっていれば、アルバイトをしている学生も申し込み可能です。

 

アルバイトをしていない、仕送りだけで生活をしている学生は残念ながら、申し込みはできません。

なお、未成年は民法で決まりがあり、親権者の同意がなければ契約行為ができませんので、ほとんどの金融機関で申込み最少年齢が20歳となっています。

そのため、アイフルも最低申込み年齢が20歳となります。

 

収入の条件で定期的に安定した収入があることが条件になっていますので、アルバイトをしていることは学生にとって絶対条件となります。

アイフルカードローンの申込み方法や金利、返済について

ここからはアイフルのカードローンの申込み方法、や金利、返済について詳しく紹介していきます。

借り入れするときは金利もしっかりチェックしなくちゃね!

そうですよね!

 

支払う金利をしっかり把握することで無駄な金利を支払うことを防げますね。

 

また、申込み方法や返済方法をあらかじめ知っておくと、流れがわかってスムーズに手続きがすすめられます。

 

どうやって申し込むのか、どれくらいまで借りることができるのかなど、わかりやすく紹介していきます。

申し込み方法を紹介

アイフルへの申し込みは、「WEB」「電話」「来店」「無人機」から選ぶことができます。

 

オペレーターに質問しながら申し込みたい人は、WEB以外の方法で申し込むとよいでしょう。

 

また、便利なスマホアプリからも申し込みを行うことができます。

 

スマホアプリを利用すれば、申し込みだけでなく借り入れもできます。

 

アプリにログインすれば、ローンカードが無くても借り入れができるのでおすすめです。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

金利と返済について紹介

アイフルの基本的なスペックを表にまとめて紹介しますので参考にしてください。

借入限度額 800万円以内
金利 3.0%〜18.0%
返済期間 1〜151回

また、返済金額は返済方法(サイクル制・約定日制)と借入残高によって変わります。

 

一覧表にまとめましたので返済計画を立てるときなどに活用してください。

借入残高 返済金額
サイクル制 約定日制
1円〜100,000円 5,000円 4,000円
100,001円〜200,000円 9,000円 8,000円
200,001円〜400,000円 13,000円 11,000円
400,001円〜500,000円 15,000円 13,000円
500,001円〜600,000円 18,000円 16,000円
600,001円〜700,000円 21,000円 18,000円
700,001円〜800,000円 24,000円 21,000円
800,001円〜900,000円 27,000円 23,000円
900,001円〜1,000,000円 30,000円 26,000円
1,000,001円〜3,000,000円 残高が10万円増えるごとに1,000円ずつ返済金額が増加
3,000,001円〜3,100,000円 51,000円 47,000円
3,100,001円〜4,900,000円 残高が10万円増えるごとに1,000円ずつ返済金額が増加
4,900,001円〜5,000,000円 70,000円 66,000円
5,000,001円〜7,900,000円 残高が10万円増えるごとに1,000円ずつ返済金額が増加
7,900,001円〜8,000,000円 100,000円 96,000円

アイフルの申し込み時に必要な書類

アイフルの申込みに必要な書類は、「本人確認書類」です。

 

また、一定の条件を満たすときは「収入証明書」も必要になります(詳しくは後ほど紹介します)。

 

書類が揃わなければ融資までに時間がかかってしまいます。

 

スムーズに申し込みを完了させるためには、事前の書類を準備しておくことがおすすめです。

でもさ、本人確認書類ってどんなのが必要なの?

そうですよね!

 

難しい書類だと用意するのが大変ですもんね!

 

でも大丈夫ですよ!

 

本人確認書類や収入証明書の具体的な書類もきちんと紹介しますので、準備もれのないようにしてくださいね。

本人確認書類

本人確認書類として主に用いられるのは、「運転免許証」や「パスポート」です。
アイフルで必要な免許やパスポート

また、運転免許証を返納してしまったという人は、「運転経歴証明書」という書類を利用することもできます。

 

ただし、あくまでも返納した人が発行してもらえる書類であって、免許の取消や失効となった場合は対象外ですので注意してください。

なお、他にも「住民基本台帳カード(顔写真あり)」「特別永住者証明書」「在留カード」「公的証明書類(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)」「個人番号カード」などがあります。

 

また、顔写真付きの書類がない場合には

  • (A)「健康保険証」「年金手帳」「母子健康手帳」
  • (B)「住民票」「戸籍謄本(抄本)」「国民健康保険被保険者資格証明書」

の内から(A)を2点、(A)と(B)を1点ずつなどで対応することができます。

 

ちょっとややこしいので、詳しくは公式ページなどで確認してください。

収入証明書

申込金額が50万円を超える場合には収入証明書が必要です。

 

ただし、アイフルへの借入希望額が50万円よりも少なかったとしても、他社からの借入金額との合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出を求められます。

 

また、これらの条件に該当しなくても、収入証明書の提出が必要になることがありますので、いつでも対応できるように備えておくと安心です。

 

なお、収入証明書として利用できるのは

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

などから1点です。

 

準備するのに時間がかかる場合があるので、事前に用意しておくことをおすすめします。

アイフルの審査基準を紹介

アイフルでお金を借りるには、審査に通らなければなりません。

 

審査にできるだけ有利に臨むには、審査基準となるものをあらかじめ押さえておくことが大事です。

年収とか勤務先とかチェックされるんでしょ?緊張するよね!

緊張してしまう気持ち、よく分かりますよ!

 

でも、審査は避けては通れないことなので、どのようなところを見られるのかを確認していきましょう。

 

まったく何も考えずに審査に申し込んであっさり審査落ちになってしまったら残念ですからね。

審査基準

アイフル審査基準
アイフルに限らず、カードローンの正確な審査基準は公開されていません。

 

したがって、年収は300万円以上なら審査に通過できるなどと知ることはできないので注意してください。

 

では、どのような点が審査で重要になるかというと、十分な返済能力を持っているかどうかと、しっかりと返済してくれる人だとアイフルから信用してもらえるかどうかです。

 

返済能力は、主に収入や勤務先、雇用形態などで判断されます。

 

年収が多い方が審査に有利で、パートよりも正社員の方が審査に通過しやすいと言えます。

 

しかし、求められる返済能力は借入金額によって変わるので、パートやアルバイトだから審査に落ちるというわけではありません。

 

年収が多い少ないというよりも、収入が安定していることが重要なのです。

 

また、アイフル信用されるかどうかですが、カードローンの審査では信用情報を照会します。

 

信用情報はクレジットカードの利用状況など、ローンに関する情報がすべて記録されています。

 

過去に返済が滞ったことがないかなどを調べることで、信用できるかを判断しています。

1秒診断を利用して借りられるか確認

アイフルの公式ホームページには、審査に通過できるかを簡単に判断できる診断ツール「1秒診断」があります。

 

いくつかの項目を入力するだけで、簡単に借入が可能かを教えてくれるので、審査に不安のある人は是非利用してみてください。

 

ただし、1秒診断はあくまで簡易的なものです。

 

本審査の結果とは異なる可能性があるということは覚えておきましょう。

 

ただし、1秒診断で借入不可能になった場合には、ほとんど審査通過はできないと言えるので、申込みを見送ることをおすすめします。

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

高齢者が利用するときに気を付けたいポイント3つ

アイフルへの返済を上手に行う
高齢者がアイフルを利用するときには、次の3つのポイントについて注意してください。

  1. 少額の借り入れ金額にする
  2. 短期間で返済する
  3. 総量規制に気を付ける

アイフルは資金不足のときの心強い味方になってくれますが、使い方を間違えると借金問題に発展してしまうこともあります。

後でトラブルになるのは怖いからね!注意点は守らなくちゃ!

そうですよ!

 

お金を借りるときには慎重になり過ぎるということはないですからね。

 

また、審査に通過するために気を付けることなどもありますので、併せて紹介していきます。

【1】少額の借り入れ金額にする

借入金額を最小限に抑えることは重要です。

 

お金を借りるときは、「もし足りなかったら困るな。」と考え多めに借りようとする人がいます。

 

しかし、借入希望額が大きいほど、審査に通過しにくくなるだけでなく、返済金額や利息が高額になるというデメリットがあります。

 

借入を行うときは、本当にその金額が必要なのかを何度も考えるようにしましょう。

 

必要以上のお金を持っていると、ついつい財布のヒモが緩むという人も少なくないはずです。

 

無駄な出費にも繋がりますので、できるだけ少ない金額に抑えるようにしてください。

【2】短期間で返済する

借金は返済期間が長くなるほど、利息分の支払い額が増えてしまいます。

 

返済総額を減らすためには短期間で返済することがポイントになります。

 

また、返済が長期化すると病気やケガなどが原因で、返済できなくなくリスクが高まります。

 

仕事ができなくなって収入が減った、もしくは収入が無くなったというケースも十分に考えられます。

 

資金に余裕があるときは積極的に繰上返済を行うなどして、短期完済を目指すことをおすすめします。

【3】総量規制に気を付ける

大手消費者金融のアイフルは総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。

 

ちなみに、総量規制ではすべての借入金額が対象となるため、アイフル以外の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠も合算されて年収の3分の1までとなります。

 

なお、総量規制は消費者を守るための法律です。

 

お金に困っているときは、お金を借りられなくて苦しいと感じるかもしれません。

 

しかし、返済能力以上のお金を借りると、借金生活から抜け出せなくなるということを忘れないようにしてください。

年齢に関係なく融資が受けられないこともある

自身に収入があって、満20歳以上69歳以下という条件を満たしていたとしてもアイフルからお金を借りられない可能性があります。

 

それは次のようなケースです。

  • ブラックリストにのっている
  • 虚偽の申告をした
  • 借り入れし過ぎている

こういったケースに当てはまる人は、審査落ちしてしまう可能性が非常に高いです。

まぁ、でも確かに、ブラックリストとかのっちゃってたらアウトかもな・・。

ですよね。

 

そこはすんなり納得できますよね。

 

ここで紹介する内容に該当する場合には、アイフルへの申込を見送って、他の方法を検討する必要があります。

ブラックリストにのっている

まず、ブラックリスト入りしている場合には、借入をすることはできません。

具体的には、3か月以上の返済遅れや自己破産などの債務整理を行ったなど、金融トラブルを起こしているケースです。

 

また、短期間に複数のローン申込みを行ったことによる、いわゆる申込みブラックも含まれます。

これらに該当する場合には、信用情報に事故情報が登録されている限りは審査に通過することはできません。

 

自分で信用情報を確認したいときは、信用情報機関に情報開示申請をして、ブラックリストから抜け出していることを確認してから申込みを行いましょう。

虚偽の申告をした

カードローンに申し込むときに、嘘の申告をすると審査に通過することはできません。

 

例えば、収入を多く見せようと年収をごまかしたり、勤務先を有名な企業にするなどの嘘が挙げられます。

 

黙っていればバレないだろうと思うかもしれませんが、カードローンの審査では在籍確認と言って、勤務先に電話して本当に働いているのかを確認する作業があります。

 

また、収入証明書を提出することによって、嘘の年収は簡単にバレてしまうのです。

借り入れし過ぎている

返済能力以上の借入がすでにある場合には、アイフルからお金を借りることは難しいです。

 

先ほど、総量規制で年収の3分の1までしか借りることはできないと説明しましたが、これは年収の3分の1までなら貸してくれるという意味ではありません。

 

返済能力は純粋に収入だけで決まるものではなく、家賃の支払いがあるかどうかなどの支出にも影響されます。

 

アイフルに申し込むときは、できるだけ借入金額を減らしておくことをおすすめします。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る