アイフルの申込方法

アイフルの審査申し込みに必要な書類とは

この記事を読んでいるということは、アイフルの申し込みに必要な書類をあらかじめ知っておきたいのだと思います。

何となく運転免許証が必要な気がするけど、ほかにも何か必要なのかなー?

うんうん、気になるところですよね。

アイフルへの申し込みには、本人確認書や一定の条件に該当する場合、収入証明書の提出が必要です。

本人確認書にはいくつか種類がありますが、アイフルなら運転免許証があれば申し込み可能なんです。

提出方法も写真を撮影してアップロードするだけなので簡単です。

また、「免許証を持っていない」という人もいると思いますので、運転免許証以外での必要書類についても紹介します。

さらに、収入証明書の提出が必要になるケースについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

スマホでかんたん本人確認なら運転免許証だけで完了

スマホでかんたん本人確認なら、必要な本人確認書類は運転免許証だけでOKです。

提出方法も簡単で、運転免許証をスマホの写真付きメール機能で撮影し、アップロードするだけです。

コピーを取ったり、郵送したりする必要もなく簡単に提出完了できるのはうれしいですね。

運転免許証を持っていない場合

運転免許証を持っていない場合、別の書類で本人確認ができます。

使用できる本人確認書類は以下の4つです。

  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(表のみ)

なお、住民基本台帳カードは平成27年12月28日で交付が終了しており、現在の有効期限が切れたら使えなくなります。

住民基本台帳カードを身分証として使っている人は、有効期限内であることを確認したうえで使用してください。

本人確認書類として顔写真のアップロードが必要

アイフルのスマホでかんたん本人確認は、原則として申込者への連絡は行っていません。

申込時の手間を少しでも減らすため、WEB上の簡単な手続きで契約まで完了できるようになっています。

そのため、本人確認を間違いなく行えるよう、顔写真のアップロードが必須です。

申込者の身分証明書(運転免許証)に載っている写真と、アップロードされた写真を見比べて間違いないことを、アイフルで確認するのが目的です。

アップロードはスマホから簡単にできますが、見切りやピンボケに注意し、くっきりとしった写真を撮るようにしてください。

銀行口座でも本人確認が完了する

アイフルには、銀行口座で本人確認を行う方法もあります。

本人名義の口座があればOKで、本人確認書類の提出は必要ありません。

申込後アイフルからメールが届くので、手順に従って本人確認手続きを行ってください。

  1. 申込後に送信されてくるメールに記載された専用URLにアクセスする
  2. 希望する金融機関を選択する
  3. 希望した金融機関のサイトへ移動するため、口座情報を入力する
  4. 登録結果に問題なければ完了
  5. 口座引落で返済開始

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

その他WEBでの本人確認に必要な書類

運転免許証や口座の提出以外でも、もちろん他の書類でも本人確認は可能です。

以下の書類から2点用意し、写しやコピーをアイフルに提出してください。

  • 運転免許証 
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(※所持人記入欄があること)
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表のみ)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 住民票記載事項証明書

もし上記の必要書類の中からふたつ以上用意できない場合は、上記の書類1点プラス以下の書類1点でもOKです。

  • 公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)※支払い済みのものに限る。携帯電話の領収書は不可。
  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書

身分証明書は必ず有効期限内のものを用意してください。

特に期限がないものに関しては、発行より6か月以内のものが必要になります。

なお、パスポートに所持人記入欄がない場合は、本人の住所確認ができないため、上記書類の中から2点必要です。

身分証記載の住所が現住所と異なる場合の追加書類

引っ越しをしたばっかりで運転免許証の住所変更をしていないんだけど。

うんうん、引っ越し時はバタバタして手続き等が後回しになりがちですよね!

そんなときは、運転免許証にプラスして以下の書類が必要になります。

  • 現住所が記載された保険証
  • 年金手帳
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

※いずれも原本が必要

運転免許証に記載された住所が現住所と異なる場合、アイフルの申し込み手続きに時間がかかる可能性があります。

住所変更は当日中にできるため、なるべく済ませてから申込むことをおすすめします。

収入証明書の提出が必要なケース

アイフルの申し込みで収入証明書の提出が必要になるのは次の3つのケースです。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルと他社との借入額の合計が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、審査の過程で必要な場合

収入証明書はお住いの市区町村や勤務先、税務署などで入手できます。

提出できる収入証明書類

アイフルに提出できる収入証明書は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分+過去1年以内に賞与の支給もある場合は賞与明細も)
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書・年金通知書(別途主収入の証明書が必要)

※いずれも最新のもの

提出は全てコピーでOKです。

給与明細は直近の2か月分が必要ですが、住民税の記載がある場合1か月分で済むこともあります。

また賞与明細が必要な場合は、1年以内(春・夏など)全て提出してください。

なお、提出ができるものは、現在在籍中の勤務先が記載されているものに限り、退職した会社のものは使えないので注意してください。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

アイフル4つの書類提出方法

アイフルに書類を提出する方法は大きく分けで4つあります。

  • 書類提出サービス(PC・スマホ)
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭窓口

ただし書類の内容によっては提出方法が決まっているものもあるため注意が必要です。

提出する流れを知りたいなー。

そうですよね!

では、一番簡単にできる「書類提出サービス」を例にとって提出方法を紹介します。

書類提出サービスからの提出

書類提出サービスは、新規申し込みのときや、増額の申込時に使える方法です。

スマホもしくはパソコンを使い、わずか3分で本人確認書類や収入証明書の提出が完了します。

提出の手順は以下の通りです。

  1. 必要書類をスマホの写真付きメール機能で撮影する
  2. 画面の指示に従って、必要項目を入力する
  3. 間違いないことを確認し、送信する

アイフルの専用システムを利用するため、FAXやメールのように、番号やアドレスを間違える心配もありません

安全かつ確実にアイフルに必要書類が届きます。

なお、必要書類の写真を撮るときには、ピンボケや見切りがないよう十分に注意してください。

収入証明書はFAXで送信できる

収入証明書をアイフルにFAXで送ることも可能です。

【FAXでの収入証明書の送信先】
077-503-1501

収入証明書の余白部分に、申込者の氏名・生年月日を必ず記載したうえで送信します。

送信するときには、書類の裏表に十分注意しましょう。

また、アイフル以外の場所に誤って送信しないよう、送信前に番号を今一度確認してください。

カード発行は自動契約機に本人確認書を持っていこう

自動契約機でカードを発行するときは、本人確認書類を忘れずに持っていってください。

自動契約機での本人確認書類の提出方法は以下の通りです。

  1. 無人契約機に電話やテレビが設置されているため、オペレーターと相談しながら申し込み手続きを完了させる
  2. 自動契約機に備付けのスキャナーに本人確認書類を読み込ませる
  3. アイフルで確認を取る
  4. 契約書類とカードを受け取って完了

自動契約機で使える本人確認書には運転免許証やパスポートがあります。

ただし場合により収入証明書が求められることもありますので、念のため持っていくと安心です。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

最短30分で審査終了。最速1時間で融資完了です。
1秒診断を試してみる
審査は最短30分。最速1時間で融資完了。
1秒診断を試す