アイフルの金利

アイフルの金利を下げることはできる?返済負担を減らす3つの対策を紹介

アイフルからお金を借りたけれど、「金利をもっと下げられないかな?」と考えたことはないですか?

この記事を読んでいるということは、アイフルの金利を下げて返済負担を減らす方法を知りたいのだと思います。

毎月の支払いが厳しいんだけど、もう少し金利を下げられないかなー。

うんうん、できれば金利は低ければ低いほどうれしいですよね!

とはいえ、金利を下げてもらうのはそう簡単なことではありません。

でも、がっかりするのはまだ早いですよ!

実は、アイフルの金利が高いときに試してほしい、おすすめの対策法が3つあるんです。

ここでは、その3つの方法を詳しく紹介するとともに、金利を下げるのが難しいときに、返済負担を減らすための方法も併せて解説していきます。

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

アイフルの金利が高いときの3つの対応策

「アイフルの金利が高いな」と感じたら、次の3つの対応策を試してみてください。

  • 多めに返済して短期間で完済する
  • 優良顧客になって金利交渉してみる
  • 低金利の銀行カードローンを考える

実際に、アイフルの金利を下げるのはなかなか難しいです。したがって、金利を下げる努力をするよりも、毎月の返済負担を減らす方が現実的と言えます。

では、3つの対応策を詳しく紹介します。

1.多めに返済して短期間で完済する

アイフルは、毎回の支払日に最低返済金額以上の入金をする仕組みになっています。

最低返済金額よりも多く返済すれば、支払期間が短縮されるので総支払額が少なく済みます。

金利を下げられるわけではありませんが、積極的に借入元金を返済することで金銭的なメリットを感じられる方法です。

なお、アイフルには「繰り上げ返済」と「一括返済」のふたつの方法があります。

繰り上げ返済(追加返済)は最低返済金額よりも多く入金しますが、一括返済は借入残高をまとめて支払って完済するという違いがあります。

総支払額の観点から言えば、繰り上げ返済よりも一括返済の方がお得です。

しかし、無理は禁物なので、家計の状況を考慮して返済額を決めることをおすすめします。

2.優良顧客になって金利交渉してみる

アイフルから優良顧客だと判断されれば、金利交渉ができる可能性があります。

どうやったら、優良顧客だと認めてもらえるの?

うんうん、知りたいですよね!

優良顧客として認められるためには、少なくとも一年以上にわたってアイフルと継続して取引をする必要があります。

また、借入期間中は返済日に遅れないことが大切で、少しでも支払いを延滞するのは厳禁です。

アイフルを長期的に利用することを考えているなら、優良顧客になって金利を下げる方法が有効と言えます。

3.低金利の銀行カードローンを考える

銀行カードローンは、アイフルなどの消費者金融会社と比較すると金利が低いという特徴があります。

例えば、三菱UFJ銀行で取り扱われている「バンクイック」というカードローンの金利は、1.8~14.6%です。

利用限度額 貸付利率
10万円以上100万円以下 13.6~14.6%
100万円超200万円以下 10.6~13.6%
200万円超300万円以下 7.6~10.6%
300万円超400万円以下 6.1~7.6%
400万円超500万円以下 1.8~6.1%

アイフルからの借金を、金利が低いバンクイックで借り換えするのもひとつの方法です。

アイフルに金利を下げてもらうのは難しい?

結論から言えば、アイフルの借入金利を下げるのは難しいです。

アイフルが金利を下げるためには、利用者との信頼関係が重要になります。

そのため、初回契約者や借入期間が短い人が金利を下げることは、現実的ではありません。

初回契約で下がる可能性はほとんどない

アイフルで初めて契約する場合は、融資金額に応じた最高金利が適用されるケースが多いです。

なぜなら、初回契約者は返済実績がないので、低い金利で借入すること自体が難しい状況だからです。

初めてアイフルを利用する場合は、しばらく利用して「優良顧客である」と認められるまで待ってから借入金額を増額したり、金利交渉をしたりすることをおすすめします。

増額で金利が下がるのは高額借入のみ

借入金額を増額してアイフルの金利を下げる方法がありますが、増額するには審査に通る必要があります。

高額借入になるほど審査の通過が難しくなるので、増額申し込みをしたからと言って誰でも金利を下げることができるわけではありません。

高額借入にならないように増額すればいいんじゃないの?

そうですね、そう考えてしまいますよね。

でも、「利息制限法」というルールで、100万円以上借りなければ金利を15%以下に下げることができないのです。

【利息制限法の上限金利】

借入金額 上限金利
100万円以上 15%
10万円以上100万円未満 18%
10万円未満 20%

高額借入をして金利を下げる場合は、少しでも審査に通過できるように尽力するしかありません。

おまとめローンは全ての融資をまとめられるとは限らない

おまとめローンとは、複数の借入をひとつにまとめられるローン商品のことです。

借金をひとつにまとめることで融資金額が高くなるので、既存の契約よりも低い金利が適用されやすいという特徴があります。

そのため、おまとめローンを利用すると、総支払利息額を少なく抑えられるというメリットがあるのです。

ただし、全ての借入をおまとめローンでまとめられないケースもあるので注意が必要です。

アイフルで利用できるおまとめローンは2種類

アイフルには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」というおまとめローンがあります。

どちらの商品もアイフルのキャッシングより、金利が低く設定されているのが特長です。

ローン名 貸付金利
キャッシングローン 3.0~18.0%
・おまとめMAX
・かりかえMAX
3.0~17.5%
『おまとめMAX』と『かりかえMAX』って何が違うの?

うんうん、気になりますね!

おまとめMAXはアイフルを利用中の人、かりかえMAXは初めてアイフルを利用する人が利用できるおまとめローンです。

利用限度額などの他の貸付条件に、違いはありません。

アイフルの金利は他社より特別に高いというわけではない

アイフルの金利は、他の消費者金融会社と比較してもそこまで高いわけではありません。

他社の金利を一覧表にまとめたので、比較してみてください。

消費者金融会社名 金利
アイフル 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0~18.0%

プロミスの上限金利が少しだけ低いですが、アイフルの金利は他の2社と同じになっています。

実際に適用される金利は審査で決まりますが、貸付金利はアイフルが特別高いわけではないということが分かります。

一番早く借りられる方法
  1. ネットで申し込む
  2. 自動契約機でカードを受け取る
  3. ATMで借り入れする

\ 最短1時間で融資可能 /公式ページを見てみる

最短30分で審査終了。最速1時間で融資完了です。
1秒診断を試してみる
審査は最短30分。最速1時間で融資完了。
1秒診断を試す