アイフルの返済額は高いの?月々の利息や返済額を減らす方法を紹介

アイフルでお金を借りたいけれど、返済額について不安や疑問を思っている人がこの記事を読んでいると思います。

 

または、既にアイフルを利用しているけれど、毎月の返済が大変で何とかして返済額を減らしたいと考えていませんか?

 

アイフルでお金を借りる以上、必ず義務として発生するのが返済です。

何かさ、公式ホームページを見ると、『サイクル制』『約定日制』とかあって、ちょっとよく分からないんだよね。

確かに、そうですよね!

 

聞き覚えのない単語が並んでいると、不安になりますよね。

 

でも、返済は大事なことなので、返済方法や金額をしっかりと把握した上で契約しなければなりません。

 

そこで今回は、アイフルの返済日や金額及び、もし今後返済が厳しくなった場合の対処法も含めて詳しく紹介します。

アイフルの返済日と最低返済額を確認しよう

最初に確認したいのが、アイフルの返済日はいつなのか、という点と、最低返済金額はどの程度なのかという点です。

 

返済日が余りにも給料日とかけ離れていれば返済するのが困難になってくることは容易に想像がつきますし、最低返済金額もとても支払える金額でなければ、ゆくゆくは延滞につながってしまいます。

 

そのためまず確認したいのが、返済日と最低返済金額なのです。

 

それではアイフルの場合はどのように設定されているのか説明していきます。

返済日は約定日制とサイクル制の2種類

アイフルの公式ホームページにも記載されている通り、返済日は「約定日制」と「サイクル制」の2種類があり、利用者が好きな方を選択することができます。

好きな方を選べると言われても、そのふたつはそもそもどういうものなの?

うんうん、そうですよね。

 

ふだん聞きなれない単語なのでまずはそこを知りたいですよね。

 

「約定日制」とは、毎月の返済日が〇日と自分で決められる支払い方法です。

 

給料日やその翌日に設定しておけば、給料をおろしに言ったついでに返済ができるので、返済忘れを防げるという利点があります。

 

対して「サイクル制」とは、前回の返済日の翌日から35日後が返済日になります。

 

約定日との大きな違いは、必ずしも返済日が決められていないという点です。

例えば、給料日が10日だったと仮定します。

 

約定日制を選択し、なおかつ返済日を10日にすれば、必ず毎月10日に返済をしなくてはいけません。

 

サイクル制であれば、前回の返済日から数えて35日以内に返済をすればいいので、必ずしも10日に返済をする必要がないという自由なところはあります。

ただどうしても忘れがちになってしまうので、もしサイクル制を選択するのであれば自己管理ができることが最低条件となります。

返済方法は5種類

アイフルの返済方法は次の5種類があります。

  • 銀行振り込み
  • 口座振替
  • アイフルATM
  • 提携銀行ATM
  • コンビニATM

もちろんどの返済方法を選んでもいいのですが、できる限り遅れが生じないような返済方法を選択しなくてはなりません。

 

また返済方法に応じて、特徴や手数料の有無も変わってきますので、詳しくは次の表を参考にしてください。

返済方法 特徴 手数料の有無
銀行振込 毎月、自身でアイフルの口座に振込を行う
口座振替 登録をしていた自身の銀行口座から引き落とし
アイフルATM 全国のアイフルATMから専用カードなどを用いて返済
提携銀行ATM 提携している銀行ATMから専用カードなどを用いて返済
コンビニATM セブン銀行、ローソン銀行、イーネットといったコンビニに設置されているATMからの返済

まずは返済に関し手数料が発生するのかしないのかを選別していくと、手数料なく返済ができるのは「口座振替」「アイフルATM」の2種類です。

 

またそれぞれの注意点もしっかりと覚えておかなくてはなりません。

  • 銀行振込…自身で振込をしなくてはいけないので、自己管理能力が問われる。また支払先銀行口座はそれぞれ異なるので、アイフルの会員ページで確認しなくてはいけない。
  • 口座振替…通帳を記帳すると「アイフル」ではなく「ライフカード(カ)」と表示されるが、これはライフカードをとおしての返済となるため。
  • アイフルATM…ATM稼働時間が設置場所により異なる
  • 提携銀行ATM…提携はしているものの、返済専用だったり借入れ専用だったり全ての提携先銀行で返済が必ずしもできるということではないので、事前に返済が可能な銀行ATMなのかを確認する必要がある。
  • コンビニATM…たまにATMのメンテナンスが入るが、その間は利用不可。もし返済当日ギリギリに出向き、メンテナンスでATMが使えなくても返済遅れである事実は覆らない。

それぞれの特徴や注意点を確認した上で、自分にとって最良の返済方法を選択してください。

 

ここまでで、返済方法や返済日について分かったと思います。

 

次章では、気になるけどちょっと難しいイメージのある最低返済額のシミュレーションについて説明していきます。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

毎月の最低返済額のシミュレーションを紹介

アイフルでは「毎月最低この金額は返済してください」という最低返済額を設けています。

 

もちろん最低金額なので、余裕がある月に多めに返済をしても問題ありません。

 

ただ「どうしても今月は冠婚葬祭が続いて厳しい」といったことであれば、最低金額のみ返済してもいいのです。

それはうれしいね!でも、最低返済額ってどうやって決まるの?

そうですよね、返済が厳しいときって誰にでも起こり得ますからね。

 

当サイトの管理人も、飲み会が立て続けにあったところに友人の結婚式が重なって、「これはマズい!」という事態になったことがあります。

 

そういったときに、最低返済額だけを返済すればいいというのは非常に助かります。

 

そこで気になってくるのが、「いくら借入れをしたら最低でもいくら返済すればいいのか」という具体的金額です。

 

最低返済額は金利、そして借入れ金額によって異なるので、パターン別に詳しい金額を確認していきましょう。

 

【同金利で金額が異なる場合】

 

まずは金利が全く同じ18.0%の場合に、借入金額が異なるときの最低返済額です。

借入れ金額 最低返済額
100,000円 4,000円
500,000円 13,000円

金利は同じであっても、借入金額が変われば最低返済額も変わってきます。

 

【同じ金額で金利が異なる場合】

 

続いて、借入金額は同じ(100万円)であっても、適用金利が異なる場合の最低返済額です。

適用金利 最低返済額
15.0% 26,000円
12.0% 26,000円

同じ100万円を借り、適用金利が異なっても基本的には最低返済額に変わりはありません。

 

ただその分、返済回数が変わるので、総返済金額は変わってきます。

 

ここまでが最低返済額の説明になりますが、上の例を参考にしてパターン別に理解できたのではないでしょうか。

追加で借り入れすれば最低返済額も変わる

一度借入れした金額を返済中に、借入枠にまだ余裕がある場合、追加で借り入れをすることがあります。

 

その場合、借入総額が変更されますので、それに伴って最低返済額も変更になります。

ん?ちょっとわかりづらい!具体的にどういうこと?

そうですね、言葉で言うと難しいですよね。

 

では、具体的な例で説明していきますね。

たとえば20万円を年率18.0%で借りた場合の最低返済額は8,000円になります。

 

毎月8,000円ずつ返済を続けて借入れ残高が10万円になったときに、追加で20万円を借りた場合、借入総額は30万円になりますね。

 

30万円を借り入れた場合の最低返済額は11,000円になりますので、次回の返済日からは11,000円を返済していくことになります。

このように、追加借り入れをした場合、最低返済額が変更になりますので注意してください。

 

では次章では、アイフルの利息や返済額を減らす方法を紹介していきます。

 

お得に借り入れするには欠かせない情報なので、しっかりチェックしてください。

アイフルの利息・返済額を減らす方法を紹介

アイフルの利息や返済額を減らす方法には、主に次の3つがあります。

  1. 借入れ金額を大きくする
  2. 金利の引下げを要求する
  3. おまとめMAXを検討する

「アイフルを利用したいけれども返済金額や金利がネック」「既に借入しているけれども、返済が厳しい」という人は、これらの方法を試してみてください。

ん〜。でも、借入金額を大きくすると借金が多額になるってことだよね?それに、金利引下げ交渉もちょっと勇気がいるよね・・・。

うんうん、いろいろと不安になる気持ちよく分かりますよ。

 

でも、それぞれの内容について詳しく知れば、きっと「なるほど!」となりますよ。

【1】借入金額を大きくする

借入金額を今よりも大きくすると金利が低くなる可能性があります。

「今よりも返済金額が増えるんじゃないの?」と妙にも思えてきますが、アイフルに限らずどこの金融機関も、借入金額が大きくなれば、その分、適用金利を下げる傾向にあるのです。

そのため、利息を減らしたいのならば、アイフルに増額審査を申込み、既存借入れ金額よりも借入枠を大きくすることが正当法なのです。

 

増額申込は公式ホームページからでもできますので、一度挑戦をしてみるのもいいですね。

 

ただし増額には審査が伴います。

 

審査の結果、現在の借入れ可能枠よりも引下げになる可能性もありますので、以前の審査時よりも収入が下がったり他社借入れが増えたりするなど審査に不利な状況にあるのならば、やめておく判断も必要です。

【2】金利引下げ交渉をする

「借入れ金額を増やすのは何かちょっと違う」ということならば、アイフルに直接金利引下げ交渉をするという方法もあります。

 

ただこれは単に「下げてくれ」という内容になると、アイフルも簡単に首を縦に振りません。

 

金利を下げざるを得ない程度の交渉材料が必要になってくるのです。

 

例えば、今まで一度も返済に遅れがない優良顧客であるというアピールをすると共に、なぜ金利引下げをしなくてはならないのかという理由も明確に伝えなくてはいけません。

 

金利が引き下がることで今後も債務整理などの法的措置を使わずに、今まで通り遅れず返済をしていくという交渉術が必要なのです。

 

そのため誰しも使える交渉術という訳ではありません。

 

しかし、どうしようもない状態であれば、進捗状況の説明も兼ねて相談をしてみるのも有効でしょう。

【3】おまとめMAXを利用する

金利を引き下げたい理由が、「返済が厳しい」という内容であれば、いっそのことアイフルが展開しているおまとめローン「おまとめMAX?」を検討してみましょう。

 

ただし、おまとめMAXは、アイフルの利用中か過去に利用していたことがある人が融資対象です。

 

おまとめMAXの適用金利は、3.0%~17.5%ですから、現在の適用金利がほぼ18.0%であるならばまとめた方が単純に金利を減らすことができます。

 

また借入先をひとつに集約することで今までバラバラだった返済日も統一できるので、返済管理もしやすくなるというメリットも生まれます。

返済額を減らす方法

返済額を減らす方法として有効なのは、「繰り上げ返済」をすることです。

 

毎月指定されている最低返済額よりも多く返済すれば、その分、元金に充当しますから、どんどん借入残高は減っていきます。

 

借入残高が減れば、もちろん返済額も自動的に減るので、結果的に何も交渉せずとも返済額を下げることができるのです。

なるほど!これなら利息引下げ交渉をしなくても、返済額を減らすことができるんだね!

そうなんです!

 

毎月の返済額のほかに、手持ちのお金に余裕があるときにこまめに繰り上げ返済をすることで、より短期間での完済も目指せるんです。

あとは、余裕のあるお金を遊びに使わずに返済に回すように、強い意志が必要だね!

そうですね!

 

そこはしっかりと強い意志でがんばりましょう!

 

それでは繰り上げ返済について詳しく説明します。

繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、指定された返済日以外に返済を行うことや返済を多めにすることを指します。

 

ただし、アイフルに指定された返済日以外に返済を行うときには、注意すべき点があるので気を付けてください。

 

アイフルの場合は返済方法が「約定制」と「サイクル制」があるので、もし約定制にしている場合、いつ返済をするのかも重要になってきます。

 

約定制の場合は、返済日の10日前から通常返済の受入れを行っています。

 

例えば毎月10日が返済日だとすれば、1日から10日までその月の返済が可能なのです。

 

その間に「繰り上げ返済」として入金しても、通常返済に回されてしまいますので、注意が必要です。

一部返済と一括返済の端数の対応

「まとまったお金が動かせそう」という場合には、一部返済もしくは一括返済も検討しましょう。

 

一部返済はその名の通り借入残高の一部に充当するような入金方法ですので、端数など気にせずともいいのですが、問題は一括返済の場合です。

 

事前にアイフルに連絡をして、完済日までの利息を、日割計算をしてもらえばいいのですが、微妙に端数が残ってしまうこともあります。

 

基本的には1,000円以下の端数であれば、そのまま利息が付くこともなく、アイフルから請求が入る訳でもない、無利息残高となります。

 

ただし、請求はないものの、残高がある以上完済扱いにはなりませんので、どうしても気になる人はアイフルの店舗や振り込みで端数分入金すれば完済扱いになります。

返済に遅れそうなときは返済相談をする

もし何らかの事情で今月の返済ができそうにない、もしくは遅れそうだという場合には、まずその旨をアイフルに電話で相談してください。

いやいや、でも怒られるんじゃない?

そうですよね!怒られそうな気がして不安になってしまいますよね。

 

でも大丈夫ですよ。

 

事前に相談してきた顧客に対して、怒るようなことはしません。

 

次回の返済日はいつになるのかを明確に伝えておけば、それで終了します。

あ、あの〜。返済できる見込みがないときはどうすれば・・・。

あ〜、そうですよね。

 

そういうパターンももちろんありますよね。

 

ではそういった場合の対処法や注意点などを紹介していきますので、確認していきましょう。

アイフルに連絡するメリット

お金を借りているアイフルに対し「少し返済が遅れます」と伝えることは、大変勇気がいるものです。

しかしアイフルの立場になって考えてみてください。

 

事前に何も相談もなく返済日に遅れ、アイフルが電話督促した段階で「支払が遅れる」という場合と、事前に相談があり次回返済日がいつになるのかをキチンと説明をしてくれた場合、どちらに信用がおけるでしょうか。

共に「返済日に遅れた」という事実は同じであっても、受け止める人の心証は大分違ってきます。

 

そのため必ず事前に相談をしておいた方がいいのです。

 

また事前に「この日に返済できない」と伝えているので、無駄に督促が入りヒヤヒヤすることも避けられます。

利息遅延損害金には注意

事前に相談をすれば高確率で、返済日の延長希望に寄り添ってくれます。

 

しかしそれは飽くまで「返済が遅れる」という事実を承認しただけです。

 

承認されたとしても返済日の翌日から遅延損害金というペナルティは発生します。

 

遅延損害金も日割計算ですから、遅れれば遅れるほど返済金額が高額になるので、注意してください。

 

なお、遅延損害金の利率は通常の金利よりも高い20.0%となっています。

 

遅れた日から借りているお金に対してい、20.0%の金利で遅延損害金が計算されますので気を付けてください。

返済ができないときは専門家に相談

次回返済日の約束ができないように返済に困窮しているのならば、相談先はアイフルのほかに弁護士などの専門家も視野に入れることをおすすめします。

 

仮に今月どうにか返済ができたとしても、翌月にはまた同じ金額で請求が入ります。

 

そのまま返済ができなければ裁判となり、給与などの財産を差し押さえられしまうことも決して珍しいことことはないのです。

 

もう次回の返済もできるかどうか分からないような段階ならば、自己破産などの債務整理を検討する段階です。

 

一度相談がてら専門家のもとを尋ねてみることをおすすめします。

端数がある場合は多めに返済でOK

一括返済をするときや最終返済回では、返済金額に端数が生じることがあります。

端数って、1,000円未満のこと?

はい、そうです!

 

ATMは基本的に硬貨に対応していないので、返済額に端数がある場合にどうしていいのか困ってしまうと思います。

 

その場合は、返済金額よりも多めに返済すれば完済することができます。

 

具体的には、たとえば返済金額が14,235円だった場合、15,000円を返済すればいいということです。

でも、多めに返済したぶんはどうなるの?帰ってくるの?

うんうん、心配ですよね。

 

大丈夫ですよ!

 

多めに返済した分は、アイフルのコールセンターに連絡をして返金処理をしてもらうことができます。

 

直接アイフルの店舗に取りにいくか、銀行振込(手数料はアイフル負担)で返金されます。

銀行振込やマルチメディア端末でも

多めに返済して返金処理をしてもらうのが面倒だという人は、銀行振込であれば端数のある金額でも返済できます。

 

また、ローソンやファミリーマート、ミニストップに設置されているマルチメディア端末からも、ぴったりの金額で返済できます。

プロミスやレイクの返済額は?

さて、ここまでアイフルの返済金額について話してきましたが、アイフルと同じく大手消費者金融である「プロミス」や「レイクALSA」はどのような返済額を設定しているのかも気になります。

そうそう!他の消費者金融の返済額と比べてみたいと思ってたんだよ!

そうですよね!

 

できるだけお得なところで借りたいのは皆同じですからね。

 

では実際に比較してみましょう。

 

新規借り入れで、借入れ金額を10万円と仮定した上で、返済回数31回の場合の毎月の返済額をアイフルと比較してみました。

 

計算時の金利は18%です。

消費者金融名 最低返済金額
アイフル 5,000円
プロミス 4,057円
レイクALSA 4,000円

審査によって金利は変動しますが、最低返済額に差はありません。

 

消費者金融によっては、無利息キャンペーンなどが提供されていることがありますので、うまく利用してお得に借り入れてください。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る