【アイフル】無人機の使い方を徹底解説!申し込みから借り入れまでを紹介

アイフル無人機
この記事にたどり着いたということは、アイフルの無人機を使ってみたいけれど、使い方がわからずに不安になっている人だと思います。

 

アイフルには無人機「てまいらず」がありますが、誰にも会わずにこっそりと借り入れすることができるので内緒でお金を借りたいときに便利です。

 

一般的に、無人契約機と言うと機械の操作が必要になりますが、「てまいらず」であればオペレーターと電話で話しながら手続きができるので安心です。

そうは言ってもさ〜、入ったことないから不安なんだよね・・・。

うんうん、そうですよね!

 

誰にも見られないというメリットがある反面、自分一人で何とかしなくちゃならないんですから、ちょっと不安になるのも当然です。

 

そこでここでは、アイフルの無人機「てまいらず」で申し込んだときの手続きの流れや、必要書類、営業時間、審査に掛かる時間などを中心に紹介していきます。

 

「てまいらず」に入る前に確認しておくと役立つ情報満載なので、是非活用してください!

アイフルの無人機での申し込みから借り方までを紹介

アイフルの無人機「てまいらず」は、急な借り入れに困っている、また、借り入れに行っている時間がないといった人にとって大変便利なものです。

 

でも、初めて利用する人にとっては敷居が高いのも事実ですね。

あ〜!時間がない!急な出費でお金がない!「てまいらず」で借りたいけど心配だ〜!

そうそう!心配ですよね!

 

でも大丈夫ですよ!

 

ここで申込みから借り方までの流れを紹介していきますので、しっかり知識を付けてから無人機に出向いてくださいね。

申し込み

では、申し込みの流れを見ていきましょう。

 

まずは無人機「てまいらず」Boxに入ります。
アイフル無人機
備付けの電話のプッシュボタンを押すと操作案内が流れますので、その案内に沿って操作をするとオペレーターとつながります。

 

次に申込書類を記入し提出する作業に入ります。

記入間違いがあると審査時間が余計に掛かってしまいますし、最悪の場合審査落ちにもつながるので正確に記入することが大切です。

記入後はスキャナーで読み込んで提出します。

 

また、本人確認書類と、場合によって収入証明書類の提出が必要になります。

 

必要書類については後ほど詳しく紹介しますので、ここでは省略します。

審査

必要な手続きが終わるといよいよ審査に入ります。

 

審査では、申込内容や本人確認書類をもとに、「この人にお金を貸しても大丈夫かどうか」を判断します。

 

また、審査の一環として、在籍確認も行われます。

 

在籍確認は通常、勤務している会社への電話連絡が行われます。

 

電話確認についても心配な人がいると思いますので、後ほど詳しく説明します。

カード発行

審査結果は電話で伝えられます。

 

審査に無事通ることができれば、カードは無人機「てまいらず」から発行されます。
アイフル無人機カード発行
最後に契約書類に署名をして提出すれば手続き終了です。

 

発行されたカードですぐに借り入れができます。

 

ここまでが、手続きの流れになります。

 

次章では、契約に必要な書類について紹介していきますので、あらかじめ準備しておくためにもしっかり確認しておいてください。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

無人機で申し込むときに必要な書類

アイフル無人機必要書類
無人機「てまいらず」で申し込むときに必要な書類は次のふたつです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

本人確認書類は申し込む人全員が必要になりますが、収入証明書は一定の条件に当てはまる人だけになります。

運転免許証とか持っていけば大丈夫?

そうですね!

 

運転免許証を持っていればそれがベストです。

 

でも、持っていなくても他の書類で対応してもらえますので、これから紹介しますね。

 

また、収入証明書が必要になる条件も紹介しますので、当てはまるという人はあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

本人確認書類

本人確認書類として、顔写真付きの書類が1点必要になります。

 

運転免許証を持っていればそれが一番ですが、次のものでも対応してもらえます。

  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(表のみ)など

また、顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、年金手帳か健康保険証、住民票に加えて公共料金領収書などが必要になってきます。

収入証明書

収入証明書が必要になるのは次のケースです。

  • アイフルからの借り入れが50万円を超える場合
  • 他社からの借り入れも合わせた借入額が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認のためにアイフルから提出を求められた場合

また、収入証明書として認められるのは以下の書類です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 確定申告書
  • 所得証明書

以上が、アイフルの無人機を利用する場合に必要となる書類になります。

 

ところで、無人機を利用するときには、営業時間やどのようなサービスが受けられるのかも確認しておかなくてはなりませんね。

 

次章で詳しく紹介していきますので、早速確認してみてください。

アイフル無人機の営業時間とサービス内容

無人機「てまいらず」の営業時間とサービス内容などについてまとめてみました。

営業時間 8:00〜22:00(土日・祝日も対応)
サービス内容 カードローンの申し込み、審査、契約、カード発行まで対応
対応 電話でオペレーターと通話
店舗 アイフル店舗・無人契約機一覧

てまいらずでは、カードローンの申し込みからカード発行までができるので便利な上、オペレーターと話しながらすすめられるので初めての人でも安心です。

便利なのはわかったけどさ、「てまいらず」ってどこにあるの?

そうですよね、利用したいと思っても店舗が探せないと困ってしまいますね。

 

店舗は表でも紹介したアイフルの公式サイトで検索できますし、時間がない人はカスタマーセンターに確認することもできます。

 

では次からは、いよいよ在籍確認の話になります。

 

「てまいらず」で申し込んだ場合にも在籍確認が行われますので、しっかり確認しておいてください。

無人機からの申込でも会社への在籍確認は必須

アイフル在籍確認
無人機「てまいらず」から申し込みをした場合でも、在籍確認はしっかり行われます。

 

一般的に、在籍確認と言うと会社への電話連絡になりますが、「それがいやだ」という人は多いです。

そりゃそうだよ!会社の人にアイフルから借りてることがバレちゃうよっ!

はいはい!落ち着いてくださいね!

 

でも確かに、「アイフルですけど、〇〇さんはいますか?」と電話を掛けられたら一発アウトですよね。

 

実はアイフルでは、会社への電話確認をどうしても避けたい場合、相談すればそれ以外の方法に応じてくれることもあるんです。

 

では、無人機から申込んだ場合の在籍確認や電話以外での確認にしてもらう方法について説明していきます。

無人機での在籍確認を紹介

アイフルの「てまいらず」で申し込みをした場合、在籍確認は基本的には電話で行われるため、勤務先に電話で確認されてしまいます。

 

申し込み後その場で勤務先に電話連絡を行うため、勤務先が営業時間外である場合には、確認が取れずに審査時間が長引く危険性があります。

 

在籍確認に申込者本人がでる必要はありませんが、営業時間かどうかは注意しておいてください。

えっ?どうにか電話以外の方法に変更できないの?

うんうん、気になりますよね!

 

方法はありますから、慌てずに聞いてくださいね。

 

実は「てまいらず」で申し込みをするときに、最初の電話確認時に相談することで電話ではなく書類提出に変えてもらえます。

 

必ず変更できるわけではありませんが、「会社の営業時間外で連絡が取れない」などの理由があれば、多くの場合書類提出に変更してもらえます。

 

無人契約機では、電話での在籍確認の代わりに給与明細が必要になってきますので、会社にあらかじめ申請して取得しておいてください。

在籍確認を電話から書類にしてもらう

アイフルで在籍確認を電話から書類に変更してもらうときには、提出書類として給与明細を準備しておく必要があります。

 

会社に在籍確認をされるのが嫌だといった人でも、直近2か月分の給与明細があれば大丈夫ですので、勤めている会社にあらかじめ申請して取得しておくことをおすすめします。

 

ここまで、在籍確認について説明してきましたが、不安は少しでも取りのけましたか?

 

次からは、審査までに掛かる時間について説明していきます。

 

なるべく早くお金を借りたい気持ちはみんな一緒だと思いますので、どのくらいの時間が掛かるのか確認していきましょう。

無人機で申し込みから審査に掛かる時間

無人契約機で申し込みを行う場合は、審査に掛かる時間は最短で30分とされています。

 

とはいっても、それは飽くまでも最短の話であって、実際には1〜2時間ほど掛かることもあります。

え?どうしてそんなに差がでるの?

そうですよね、随分違うので気になりますよね!

 

理由については後ほど詳しく紹介しますが、申し込み内容にもれや不備があると審査に時間が掛かりますし、アイフルの繁忙期などでは審査が混み合い時間が掛かることがあります。

じゃあさ、無人機以外の方法で申し込んだ方が速かったりする?

うんうん、そう考えてしまいますよね!

 

そういった比較についても説明していきますので、まずは無人契約機ではどのくらいの時間が掛かるのかについて確認していきましょう。

無人機での所要時間

無人契約機では、審査に必要な所要時間は最短で30分、長い場合には1〜2時間ほどになっています。

 

審査に必要な時間は、アイフルが繁忙期であるなど、会社都合で前後するときもありますが、申込者の事情で所要時間が変わる場合もあります。

 

実は、審査に時間が掛かってしまう人には特徴がありますので、自分が当てはまらないかチェックしてみてください。

審査時間が掛かってしまう人に共通する特徴として、審査基準ぎりぎりで当落選上にいる人が挙げられます。

 

審査に通るかどうかぎりぎりの人は、審査を行う側としても本当に通過させるか慎重に判断を行うため、審査時間が長引いてしまいます。

申込時の住所や名前などの情報を書き間違えてしまうなどのケアレスミスも、審査を慎重に行わせる原因となるため、うっかりしたミスはなくすように丁寧に申し込みしてください。

 

また、無人契約機だとボックスの中で審査の間待っていなくてはならないので、その点ではどんなやり方が良いか、借り入れ前によく検討しておくと良いかもしれませんね。

申し込みからカード発行までを無人機で行う場合

申し込みからカード発行までを無人契約機で行う場合の所要時間ですが、ボックスの中に入ってから平均しておおよそ1時間から1時間30分は見ておくと良いです。

あれ?さっき最短30分で終わるって言ったじゃん!

そうなんです!

 

やっぱりそこ、気になりますよね。

 

実は審査自体は早ければ30分で完了しますが、審査完了後に即座にカード発行をしてもらえるわけではないため、30分でカード発行までたどり着くことはできません。

 

申込時の書類記入や契約時の書類確認などに時間が掛かるため、申込からカード発行まですべて無人契約機で行う場合には、1時間30分以上時間に余裕を持ってから利用してください。

審査までをWebで済ませた場合

無人契約機の中で1時間以上待ちたくないという人におすすめの方法としては、Webで申し込んでから審査結果の連絡を受けた後に、無人契約機に出向く方法があります。

 

その場でカードを発行してもらえ、即日融資を受けることができますので、この方法が早く受け取るためには確実でおすすめです。

 

Webでの申し込みも最短30分程度で終わるため、無人契約機に向かう途中の電車内など、すき間時間に申し込みをしてください。

 

カードレスで借り入れするときは無人機を利用しない

アイフルをカードレスで借り入れをするときは、無人契約機は利用しません。

 

無人契約機に行くことなく、アイフルを利用できるのはとても便利ですね。

でも、どうやってカードなしで借り入れするの?

う〜ん・・。確かにそうですよね。

 

借り入れにはカードを使うというイメージがあるので、ちょっと想像しづらいですよね。

 

カードレスで借りるときは無人機以外での申し込みになりますので、借り入れ方法について説明していきます。

カードレスで借りる方法

カードレスの場合は電話での申し込みで振り込みといった形かWebで申し込んでアプリでやるかになりますので、無人契約機は利用しません。

 

電話での申し込みの場合には、アイフルのフリーダイヤルから申し込みを行い、早い時間であれば即日で登録している銀行口座に振込をしてもらえます。

 

また、電話ではなくWebからも銀行振り込みに対応しているため、自分の都合のいい方法を選べます。

アプリを利用する方法

Webで申し込んだ場合は「カード無し」を選択してアプリをダウンロードしてそこから手続きが開始されます。

 

アプリを利用する場合には、セブン銀行のATMで取引を行うことになりますので、他のATMで利用することは残念ながらできません。

 

無人契約機や他のATMで借り入れがしたい人もいると思いますが、現在のところカードレスで利用できるATMはセブン銀行のみであるため、他のATMを利用したい人はカードを発行してもらってください。

 

なお、一度カードなしで契約したとしても、途中からカードを発行してもらうことは可能なため、無人契約機に契約に向かってください。

無人機ATMとの関連性

実際にカードローンの契約が完了したら、は無人機ATMかコンビニエンスストアなどに設置されている提携ATMで借り入れができます。

無人機ATM?提携ATM?それって、てまいらずとはまた違うものなの?

そうなんです。

 

色々な機器があってちょっと紛らわいしいですよね。

 

無人機ATMや提携ATMについて説明していきますので、疑問を解決してくださいね。

無人機ATM(アイフルATM)

アイフルATMとは全国に設置されているアイフルATMボックスのことを言います。

 

全国各地のアイフルATMであれば、ATM手数料無料で利用できるため、借入や返済に無駄な出費をせずに済みます。

 

アイフルには無人契約機や有人店舗がありますが、そこでも借入や返済ができるのか疑問に思う人もいると思います。

 

しかし、残念ながらアイフルの無人契約機や有人店舗は、基本的には借り入れや返済には対応していません。

 

しかし、多くの店舗では併設してアイフルATMが設置されているため、そこでなら借り入れや返済ができます。

提携ATM

アイフルはコンビニエンスストア、メガバンク、地方銀行など、様々な金融機関のATMと提携しているため、借り入れや返済を全国各地様々な場所から行えます。

 

では、わざわざアイフルのATMを利用する必要はないと思ってしまいますが、実は提携ATMを利用する場合には手数料が必要であるため、無計画に利用してしまうと思わぬ出費となる危険性があります。

 

アイフルと提携しているコンビニエンスストアに設置されている提携ATMでも融資が可能ですが、手数料が1万円以下だと110円、1万円以上だと220円掛かりますので注意が必要です。

 

提携ATMは以下の通りです。

借り入れと返済が可能な提携ATM

・セブン銀行
・ローソン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・イーネット
・親和銀行

借り入れが可能な提携ATM

・福岡銀行
・熊本銀行

返済が可能な提携コンビニエンスストア端末

・ファミマ ファミポート
・ローソン ロッピー

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る