アイフルに返済するときの注意点は?返済額はシミュレーションできる

この記事を見ている人の中に、大手消費者金融アイフルから借入れをしたはいいけれど、返済について不安を感じている人がいると思います。

 

もし返済に遅れれば督促が入り、最終的には給与などの財産を差し押さえられてしまう可能性があります。

怖いー!怖いーー!!ちゃんと返済できなかったらどうしようー!!

だっ、大丈夫ですか?

 

まずは落ち着いてくださいね!

 

誰だって、できるならそのような事態は避けたいと思いますので、返済日になる前に、アイフルでの返済方法や注意点をしっかりと把握しておくことが最善策となります。

 

ここでは、アイフルへの返済方法やその注意点、返済金額シミュレーションなどについて説明していきます。

 

返済に関する不安や疑問はここで解決してください!

返済の注意点は遅れないことが第一!

アイフルだけではなく、お金を借りて返済するときの注意点は、何と言っても遅れないことです。

 

返済を遅れてしまうと、個人信用情報に傷が付いてしまうばかりか、返済しなければいけない金額がたまってしまい、返済をするのがだんだんと厳しくなってしまいます。

 

もし返済が遅れてしまったときは、速やかにアイフルに連絡をして、いつ返済できるのかしっかりと連絡をしてください。

 

なお、返済するときの注意点として、返済方法によっても異なっていきますので、順番に見ていきましょう。

アイフルへの返済方法は全部で5つ

アイフルへの返済方法は、次の5つから選ぶことができます。

  1. 銀行振込
  2. 専用ATMからの返済
  3. 提携ATMからの返済
  4. コンビニATMからの返済
  5. 口座振替で返済

どの支払い方法でも返済はできますので、ライフスタイルにあった方法を選ぶといいでしょう。

いろいろ選べるのはうれしいけど、どれがおすすめなの?

う〜ん、そうですね〜。

 

人それぞれ状況が違うので、ズバリでコレ!というのは難しいですね。

 

それぞれの返済方法について詳しく説明していきますので、自分がどの返済方法がベストなのかを決める参考にしてください。

銀行から振り込み返済をする

自身の口座からアイフルの口座に振り込む返済方法です。

 

アイフルの口座は公表されていないのですが、会員サイトからログイン(カード番号と暗証番号の入力が必要)すれば、指定口座が表示されます。

 

だたし、振り込み返済の場合は次の点に注意してください。

  • 口座が契約者ごとに異なるので、必ず事前に会員サイトでアイフルの口座を確認
  • 振込手数料は契約者負担
  • 振込人名義は、名前のみではなく、和暦による生年月日も入力が必要(例:平成2年1月1日であれば、020101という6桁の番号)

振込は少し手間にも感じてしまいますし、振込手数料も発生するので、けしてお得な返済方法ではありません。

 

しかし「返済は重要だから確実に自分の手で行いたい」という人にとっては有益な方法と言えます。

店舗やアイフルATMから返済

自宅や勤務先の近くに、アイフルの店舗もしくはアイフルATMがあれば、それらを活用し返済できます。

 

アイフルの店舗には、店内にアイフルATMが設置されているので返済ができます。

 

アイフルATMからの返済のメリットは、何と言っても手数料が無料ということです。

 

ただし、ATM稼働時間は設置場所によって異なるので注意してください。

 

また、平日なのか土日なのかでも稼働時間が変わってきますので、最寄りの店舗もしくはアイフルATMで稼働時間を調べておくといいですね。

 

もちろん、アイフルの公式ホームページからでも確認できます。

提携先ATMでから返済

アイフルが提携しているATMは次のとおりです。

提携ATM 借入れ・返済可否
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
親和銀行
福岡銀行 返済不可(借入れは可能)
熊本銀行 返済不可(借入れは可能)
イオン銀行

提携しているATMは6銀行ですが、すべての銀行で返済ができる訳ではありません。

 

注意しておきたいのが福岡銀行と熊本銀行で、これら2行は借入れができますが、返済はできません。

 

また金額に応じて手数料が発生し、1万円以下であれば110円、1万円以上ならば220円が別途かかります。

コンビニのATMから返済

コンビニATM(セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATMイーネット)からでも返済可能です。

 

提携ATM同様に、返済のたびに手数料が発生します。

通常の銀行ATMとは異なり、比較的深夜までATMが稼働しているので、特に勤務している人にとっては便利な返済方法ですが、たまに機械メンテナンスに入ることもあるので注意してください。

仮にメンテナンスが原因で返済ができなかったとしても、遅れは遅れとして処理されてしまいます。

 

そのため、できれば返済日の日中に手続きを行うことをおすすめします。

口座振替で返済

「毎月支払いに行く暇がない」という場合に便利なのが、自身の口座から自動的に引き落としになる口座振替です。

 

口座内にある残高から引き落とされますので、わざわざ返済日に支払いに出向く必要がありません。

 

注意点としては残高不足で引き落としができない場合には延滞扱いになってしまうこと、そして口座振替の手続きは自身で行わなくてはいけないことです。

 

口座振替の手続き方法は次のとおりです。

  1. アイフルの会員ページにアクセスしログインを行う
  2. 口座引き落としの銀行を選択
  3. 返済日の設定
  4. 手続き完了のメールが届くので、添付されているURLをクリックし、希望する銀行名や口座を入力

文字にすると少し面倒にも感じますが、手続き自体はそれほど難しいものではありません。

 

会員ページ以外では、口座振替依頼書を郵送する方法でも登録することができます。

 

アイフルに電話連絡をして口座振替依頼書を郵送してもらい、記入後返送します。

 

返送後1週間前後で登録は完了します。

返済額をシミュレーションする

アイフルから借入れをする前に、是非試しておきたいのが返済シミュレーションです。

ん〜。それは分かるんだけど、シミュレーションって難しそうじゃない?

はい、確かにそう感じてしまいますよね!

 

長めのカタカナっていうだけで、ちょっと構えてしまいますよね!

 

アイフルの公式サイトには、月々の返済額や、返済をいつまでしなければいけないのかを調べるために、返済シミュレーションがありますので、申し込みをする前に一度は試してください。

 

「借入希望額」「返済回数」「貸付利率」の3つの項目を入力するだけで、簡単にシミュレーションができてしまうんです。

 

例えば、

  • 毎月の返済金額を知りたい
  • 10万円借りた場合の返済回数を知りたい
  • 毎月2万円ずつ返済するといくら借りられるか知りたい

といったようなことが分かるのです。

 

「返済シミュレーションってちょっと難しそう」という人にでも簡単に利用できますので、是非活用してください。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

アイフルへの返済はいつすればいい?

返済方法や返済シミュレーションが分かったら、次に考えたいのが「返済日をどうするのか」ということです。

 

返済方法同様に、アイフルでは幾つかの返済日が設けていますので、好きな返済日を選ぶことができます。

お給料日に近い方がお金があるから返済しやすいよね。

そうですね!

 

余裕があるうちに返済しておきたいですよね。

 

では、返済遅れの内容に、返済日についてもしっかりと確認しておきましょう。

約定日制の返済日

毎月決められた日付に返済をする方法が「約定日制」です。

例えば毎月の給料日が25日だった場合、給料日である25日にしてもいいですし翌日の26日にしても問題ありません。

 

決めた日付までの10日間であれば、いつでも返済可能です。

「ちょっと今月は用事が立て込んでいるから返済日に間に合わないかもしれない」と事前に分かれば、設定した返済日の5日前からであれば返済を受け付けてもらえます。

 

しかし余りにも早すぎた場合には、通常返済ではなく繰上返済扱いになってしまい、結局もとの返済日にも請求が入ってしまうので、その点だけは用心してください。

サイクル制の返済日

サイクル制とは、返済日の翌日から35日間後が次回の返済日になる返済です。

 

そう聞くと「毎月返済日が変わるのは困る」と心配してしまいますが、先に話した約定日制と異なり、35日間であればいつでも返済ができるのです。

 

自動的に繰上返済扱いにはなりませんし、35日も期間が設けられていますので、自分自身で「毎月〇日に返済する」と決めておけば問題ありません。

 

返済日前であれば何日前であろうと返済が可能ですから、ある程度自由が利くのはこのサイクル制だと言えます。

アイフルではこのように毎月の返済が基本になりますが、まとまったお金が手に入ったときなど、一括返済をしたいときがあります。

 

次章では一括返済について詳しく紹介しますので確認してみましょう。

一括返済のポイント5つを紹介

お金を借りた以上は必ず返済をしなくてはいけませんが、どんなに大手であっても消費者金融では毎月利息が発生します。

 

借入残高が多ければ利息もバカにできない金額になってしまいますし、完済までの期間も長くなり、余計に利息を支払わなくてはいけません。

そうなんだよね。利息を払うのは仕方ないとは思うけど、やっぱりちょっともったいないよね・・・。

うんうん、ほんとそうですよね。

 

「利息分であれが買えるな・・・。」なんて考えてしまうと、もったいない気持ちでいっぱいになりますね。

 

そこで検討したいのが一括返済です。

 

その名のとおり残りの借入れ金額を一括で支払い完済させる方法ですが、事前に知っておきたいポイントが5つあります。

 

では、それらのポイントを詳しく見てみましょう。

一括返済で利息は減らすことができる

アイフルは毎月の返済金額が低めに設定されているので、毎月の返済金額が負担になりにくい反面、完済までの期間が長くなってしまうという側面も持ち合わせています。

利息は毎月支払う必要があるので、完済までの期間が長くなれば、必然的に支払うべき利息も増えてくるのです。

 

そのため思い切って一括返済をすれば、本来支払う予定だった利息を支払わずに済むので、結果的に利息を減らすことにつながるのです。

またアイフルに限った話ではありませんが、どこの金融機関でも返済金額が入ればまず利息に充当されます。

 

つまり利息を差し引いて残ったお金で元金に充当させるので、なかなか元金自体が減らないというジレンマに陥ってしまう訳です。

 

「一括返済は無理だけど、支払う利息は減らしたい」ということならば、繰り上げ返済をして、少しでも元金に充当するお金を増やすということも有効です。

一括返済の予定日によって最終返金額が異なる

アイフルで一括返済をするのならば、必ず事前に利息込みの返済金額を確認しなくてはなりません。

アイフルといった消費者金融や銀行カードローンの利息は日割計算で行われます。

 

そのため、いつ返済をするのかで若干ですが返済すべき金額が変わってくるのです。

多めに返済になる分はまだいいのですが、少し足りないとなれば借入残高は残ったままです。

 

「もう完済した」と思い込みそのままにしておくと、返済日に「返済されていませんよ!」と督促が入ってしまいます。

全額返済の場合は銀行振り込みか店舗で返済する

先に「アイフルの返済方法は5つから選べる」と話しましたが、それは飽くまで通常の返済の場合です。

 

全額返済であれば、選択肢は銀行振込もしくは店舗の窓口から返済するしか方法がありません。

 

銀行振込であれば気を付けたいのが、振込対応時間です。

 

最近では各銀行のサービスで15時を過ぎていても即日扱いになるところもあるのですが、すべての銀行で対応しているとは限りません。

 

即日対応可能な時間帯に振り込みができなければ、また利息が変わってまいまいす。

 

再度問い合わせしなくてはいけないわずらわしさと、単純に振込手数料がもったいないので、きちんと即日対応可能な時間帯に返済をするようにしてください。

 

また店舗も各支店によって営業時間が異なります。

 

それぞれの営業時間は公式ホームページに記載されているので、事前に確認しておくと安心です。

口座振替の場合は対応方法を電話で確認しよう

毎月口座振替にしている人であれば、できれば一括返済も同じく口座からの引き落としに対応してほしいものです。

 

ただ口座振替であれば、その対応方法は事前にアイフルに確認しなくてはいけません。

 

口座振替は毎月決まった日付に決まった金額が「自動的」に、口座から引き落とされます。

 

一括返済用に口座にお金を入れていたとしても、設定された金額以上の引き落としはされないのです。

 

そのため残高確認ついでに「一括返済をしたい」「返済方法は口座振替が希望」と相談をしてみてください。

返済時に残った端数は無利息残高になる

先に簡単に触れましたが、もし残高を確認せず実際の金額とは異なる金額を返済してしまった場合、借入残高よりも返済金額が少なければ事実上の完済扱いにはなりません。

 

とはいえ、10円や100円といった少額程度であれば、無利息残高に切り替わります。

 

これは「残った残高に利息も付けないし、特段請求もしないけど完済扱いにはなりません」というものです。

 

完済したと思っているのは本人だけで、「実はまだ残高がある」となれば、もし新たに他金融機関へ申込みをした場合、借入件数もカウントされますから審査に影響を与える恐れが出てきます。

 

一括返済はムダな利息を支払わずに済むお得な方法ですが、返済額をしっかりと確認することが大事ですね。

 

では次からは、一括返済まではできなくても、多めに返済することができるかどうかについて説明していきます。

多めに返済すれば元金も減って利息も減らせる

一括返済をするほどのお金はなくても、ちょっとした臨時収入があったときなど、手持ちのお金に余裕があるときは、多めに返済することもできます。

確かに、一括返済まではできないけど、多めに返済に回せるときってあるよね!

そうですよね!

 

そのようなお金をただ何となく使ってしまうより、返済に回しておきたいですよね。

 

お金に余裕があるときは、多めに返済、つまり任意返済をすることで、借入金の元金を減らすことができます。

毎月の返済額には、元金と利息が含まれていますが、任意返済をする場合は全額が元金に充当されるので、その分返済額を効率的に減らすことができるのです。

と言っても、返済方法によっては手数料がかかってしますから、その点は十分考慮して、上手に任意返済をしていきましょう。

 

多めに返済をすることで、支払わなければいけない利息を減らすことができ、節約につながりますので、生活に余裕があるときは是非多めに返済をしてください。

 

では次からは、毎月の返済に話を戻して、返済に遅れてしまった場合のアイフルへの連絡について説明していきます。

返済に遅れる場合にアイフルに連絡は必要?

「毎月必ずこの日なら返済できる」と思って設定した返済日であっても、状況によってはどうしてもその日に返済ができないということがあります。

そうなんだよね・・・。今月出費が続いちゃって、返済ムリだわ〜。

そうですよね〜諦めモードになってしまうのも分かります。

 

でも確かに、出費って続くときは続くんですよね、困ったことに・・・。

 

でも、もし返済に遅れることが分かっている場合、アイフルへの連絡は必要なのでしょうか。

 

そのまま放置しても大丈夫でしょうか?

 

いえいえ、それは危険です!

 

理由はすぐに詳しく説明しますが、必ずアイフルに返済日の相談をするようにしてください。

返済日の相談をアイフルにしよう

返済日にもし遅れることが事前に分かっているのであれば、必ずこちらからアイフルに連絡を入れてください。

 

状況によっては次にお金が入るタイミングまで待ってくれる可能性があります。

 

もちろん、相談すれば確実に延期されると確約されたものではありません。

 

しかし、事前に相談をしないよりも、しておくと確実にアイフル側の心証が良くなります。

返済の遅れは個人信用情報が傷つく原因になる

返済に遅れると、返済日の翌日から遅延損害金が発生します。

 

単純にその分返済する金額が上がるので、金銭面でも厳しくなってくることは明白です。

 

またその他のデメリットとして、個人信用情報に傷が付いてしまうこともあります。

 

返済日に返済をしていないという事実は、他の借入先でも確認できますので、余りにも頻回に繰り返してしまうと「この人は信用がない」ということで、既存の借入枠を減らされる可能性も出てきます。

返済後すぐに借り入れは可能?

アイフルへの返済が完了した後に、やっぱりまたキャッシングが必要になった、という状況になることも考えられます。

えへへ。せっかく完済したんだけど、またお金が必要になっちゃって。でも、またすぐに借りられるの?

そうですよね、完済してすぐにまた借りられるのか、不安ですよね。

 

すぐに借りられるのかどうかは、借入方法によって異なり、カードを使った方法であればすぐに借りることができます。

 

しかし、振り込みによる借り入れの場合は完済確認までのタイムラグがあるので注意が必要です。

カードを使って返済した後はすぐ借りられます

アイフルの専用カードを使って返済をしたのであれば、すぐに借入れができます。

 

もちろん借入れ可能枠内ですが、まだ残っているのであれば借り入れできます。

 

借入れ可能枠の確認は、ATMで出る利用明細書に記載されているので、一度確認をしてみてください。

銀行振り込みや口座振替はすぐに借り入れ不可能

返済方法が銀行振込や口座振替であれば、アイフルが返済確認できるまでタイムラグが発生します。

 

そのため完済してすぐの借入れは厳しいと言えます。

 

返済している銀行にもよりますが、平均すると2〜3営業日程度でアイフルが返済確認できるので、それまで待つしかありません。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る