\ 個人情報の入力なし! /

アイフルで1秒診断!
借入可能か確認する

総量規制とは借りすぎないための法律

100万円以上を超える場合は、年収がわかる源泉徴収などが必要となり収入がわかる書類の提出も義務付けとなっています。

 

出せば借りられるのかとなりますが、原則的には借り入れは難しくなるため借りすぎが防げるようになりました。

 

ただし例外もありますが、通常のカードローンとしての借り入れはできません。

 

この例外とは、高額医療のためのローンや住宅を購入するためのローンなどは例外になります。

改正賃金法とは

なぜ、利便性を犠牲にしてまでもこの改正賃金法ができたのかと言いますと、多重債務や自己破産をする人が後を絶たない事等も原因となり今まで金利がグレーゾーンだったことも考えられます。

 

以前闇金からの取り立てに一家が無理心中を引き起こした事件もあり、過剰な貸し付けをしない、させないためにできた法律が平成18年にできました。

 

平成22年に新たに改正された法律は、賃金業務取扱い主任を必要となったり利息制限の方を改正したりと色々できました。

 

この法律に伴い、借りすぎたり貸しすぎを防げるようになったりまた、闇金のような取り立てがなくなったのです。

総量規制外のカードローンは実在するのか

この改正により融資額が制限され、昔に比べたら借りづらくなってきたのは仕方ないことですが、総量規制がでカードローンを利用できるのかが疑問になります。

 

この改正賃金法は、消費者金融に適用される法律なので銀行や信用金庫などは監督下にないたため該当しないのです。

 

銀行や信用金庫または労金は、銀行法というものがあってこちらに該当するため総量規制外となるので個人で融資を希望する場合は年収の3分の1を超えても大丈夫なのです。

メリットもあればもちろんデメリットもあります

メリットは、収入のない主婦でも一定額なら借り入れが出来る事や50万円を超えても種乳証明書が必要にはなりませんが、デメリットとして金利が消費者金融よりやや高めなのです。

 

一般的な銀行のカードローンを取り扱っている所は、みずほ銀行のローンエグゼクティブプランや三井住友銀行のカードローンと三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

 

それぞれの特徴としてみずほ銀行のカードローンは、限度額は1000万円で利率が3%から7%となっています。

 

三井住友銀行のカードローンは、限度額は10万円から800万円で利率は4%から14.5%と少し高めです。

 

三菱UFJ銀行は10万円から1000万円と他行から比べたら幅が広いですが、利率はその分高めで4.6%から14.6%となります。

おまとめローンと借り換えローンは総量規制外

総量規制

最近よく聞くことがあるおまとめローンまたは借り換えローンですが、他社から多重に借りすぎて返済が困難になったり金利が高すぎて支払いが追い付かない場合に利用するローンなのです。

 

この場合、今までの金利より安くなければ意味がないのですが、返済をしていくうえで利用者の負担を減らすためにあるローンなので総量規制外となるのです。

専業主婦の借り入れは?

収入のない専業主婦が、お金を借りることは通常できないとされていますが実際には借り入れをしている人がいることで矛盾が生じているのも現状です。

 

なぜ、収入がない主婦がお金を借りることができるのかと言いますと、配偶者の同意を得られている場合のみ消費者金融からでも総量規制外として借り入れることが出来るのです。

 

配偶者の年収を基準として貸付金額が決まり総量規制もその時に計算されます。

 

また、個人として事業をしている人の場合は、個人名でローンを利用するようになりますがこの場合も総量規制外となることもあります。

 

線引きが曖昧な点として個人事業主ではなく事業向けの審査をされてしまう事もあるので注意が必要です。

総量規制まとめ

私たち利用者の事を保護を目的としてできた総量規制ですが、それによって消費者金融のカードローンを借りることが利用しづらくなったのです。

 

規制外で借りようと思っていても銀行系のカードローンのデメリットは、審査が厳しくなかなか借り入れができなく直ぐにお金が必要でも借りられないことから不便を感じてしまいます。

 

規制があっても借りやすい消費者金融でカードローンを申し込む時は、私たちひとりひとりが乱用せず計画的に借り入れをすることを心掛けることが必要となります。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る