ライバルのアコムはどうなっている?

アコムも検討してみたいという方にアコムの特徴をご紹介

アコムを利用された方は延べ1,000万人以上!

 

知らない方はいないと思いますが改めて評価されている理由を再確認するともっとも多いのは利便性の良さです。

  • 金利は各社上限18.0%で設定されており差が付きません
  • 30日間無利息も各社実施しており差がありません
  • 申込方法もネット中心でどこも同じです

ではどこでアコムは差を付けるのか?

 

評価されているポイントを3つ、評価順に並べてみます。

即日振込みが人気あり!

即日振込みは14時までに審査と書類提出完了が済んでいればOK!

 

申込だけではなく書類提出もネット上で全て完結するため、振込を待ってそのままコンビニATMで利用したい方が多いのです。

 

アコムでは利用者数が多いだけに、融資への処理スピードも効率化されているので迅速な対応が可能なのです。

無人契約機も全国1,000台以上、業界最長クラスの営業時間

業界最大級の設置台数です。

 

都道府県によって台数差はありますが東京では100台以上設置。

 

ネット先行申込みと併用できるので振込以外でアコムから借りたい方に人気です。

 

一部を除き8:00〜22:00、年中無休となっていて業界最長クラスです。

審査・融資スピードは業界最速クラス

審査最短30分・融資まで最速1時間、これは土日祝日でも変わりません。

 

もし店舗(むじんくん)をご利用予定の場合、ネットで先行申込み&手続きを済ませておくとカード受け取りのみを店舗で行うことになり、その場合の所要時間はなんと最短5分という短さです。

 

常に安定した融資スピードを誇れるのはさすが業界大手の強みです。

カードローン人気ランキング

アコムの特徴
  • 審査は最短30分!
  • 即日振込みも可能!
  • 融資までの時間は最短1時間!
  • 初めてなら30日間金利0円
  • ネット申し込みの後ならむじんくんでの作業時間は最短5分!
審査時間 最短30分
評価 評価5
備考 最速1時間
アコムの総評
申込みの手軽さ、お金を借りられるまでの速度で考えるとやっぱりアコムが一番人気!
毎日約1400人の申し込みがあります。基本書類は運転免許証のみでOK!

アイフル

アイフルの特徴
  • 即日融資も可能
  • 融資まで最速1時間
  • 女性専用ローンあり
  • カード受け取りは時間指定が可能
審査時間 最短30分
評価 評価4.5
備考 最速1時間
アイフルの総評
アコムと同様に最短30分審査で最速1時間融資が可能です。 ネットから申込んだあとで電話をして融資を早めてもらう流れです。

アコムへの申込方法

貸付条件 パートやアルバイトでも20歳以上で安定した収入があればOK
振込がいいなら 平日の14時までに審査と書類提出を完了させれば最短1時間で振込まで完了
平日14時以降 ネットで申し込んだ後に自動契約機(むじんくん)に行ってお金を借りる
土日に借りる ネットで申し込んだ後に自動契約機(むじんくん)に行ってお金を借りる
必要書類 運転免許証など(一定の条件以上は収入証明が必要)アコム必要書類

要約すると、平日の14時までに手続きが済ませられるなら振込で借りたほうが近くのコンビニで自分のクレジットカードを使っておろせるので手間が最小限です。

 

それ以外の時間だったり、土日の場合にはネットで申し込みを済ませた後に自動契約機(むじんくん)でカードが自動発行されるので、その後併設しているATMでお金を引き出します。

 

自動契約機(むじんくん)が業界最長の営業時間、しかも98%以上が専用ATMを備えています。

振込の場合は専用カードが後日郵送されてくるので、そのカードを使って繰り返し借入や返済を行っても良いですし、ネット上から再度振込融資の手続きをすることも可能です。

 

特にお金を借りることを家族に知られたくないという場合、インターネット申込後の審査を完了させて無人契約機(むじんくん)で契約すれば郵便物の心配はありません。

アコムのカードはACサービスセンターという名前で郵送されてきます。

自動契約機(むじんくん)利用前になぜネット申し込みを先にするかと言うと、審査と書類提出を先に済ませておくことができるからです。

 

むじんくんに着いてから審査落ちや書類忘れの心配がありませんし、なにより作業が大幅に減るので自動契約機(むじんくん)での所要時間は最短5分で済むからです。

借入時の金利は最大18.0%

はじめて借り入れする時はほとんどの場合18.0%と思っていて間違いありません。

 

ただし貸金業法(利息制限法)により借入金額が大きいときには金利は変わります。

 

利息制限法の制限利率

10万円未満 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

ここでは10万円以下は20%となっていますが、アコムの上限は18.0%なので関係ありません。

利息の計算方法

利用残高 × 実質年率(金利) ÷ 365 × 利用日数

 

という計算式で利息金額が算出されます。

例えば20万円を18.0%の金利で1年間借りる場合、最初の1ヶ月目の利息は

 

20万円 × 18.0% ÷ 365 × 30

 

ということで 2958円となります。

 

完済までの期間が長くなるとそれだけ利息が増えますので完済期間は短いほど利息も少なくなります。そのため短期間の完済によって利息を少なくするほうが借り入れをする場合にはメリットが高くなります。

30日間金利0円サービスで利息圧縮

特にイチオシのサービスとして初めて借りる人限定の30日間借り入れ利子が無利息のサービスがあります。

POINT期間中に返した分は金利が不要。仮に半分返してしまえば残った元金に対してのみ金利が発生するので、実質的に支払う利息額は半分と同じです。

金利がゼロになる期間は契約日の翌日からとなるため、契約日の翌日までに借り入れるようにしましょう。

審査の概要

審査は属性や信用情報をチェックされる事になり、これは客観視出来る要素で判断されますから、態度や見た目といった主観要素で判断される事はありません。

 

属性は年齢や職業、在籍年数、居住形態等を総合的に判断して信用情報は過去の借金歴や支払い歴等から信用出来る申込者かどうかを確認します。

 

一般的には成人以上で安定した収入を持っている事が重視されていますから、何かしらの収入の流れを持った上で審査申し込みを行う事は必要ですし、過去に債務整理等の経験があると信用情報に傷が付いているので、審査見送りの可能性も高いです。

申込みに必要な書類

基本は運転免許証のみという手軽さです。

CHECKただしアコムでの借り入れが50万円を超す場合や他社を含めて100万円を越す借入の場合は別途収入証明書類が必要になります。

アコムは返済方法も多彩

返済についてもアコムでは利用者の都合に逢わせた返済方法が数種用意されています。

POINTアコムの返済はネットバンキングが利用できればインターネットからいつでもどこでも24時間返済が可能です

ですからATMに行く時間がない人や、今日までが返済日だったという場合でも自宅や外出先から迅速に返済することが可能です。

 

その他口座振替や店頭窓口、コンビニや銀行などにある提携金融機関のATMを利用した返済方法や銀行振込みなどの方法で返済することもできます。

 

コンビニに設置されているATMは24時間利用できますが、銀行ATMは利用可能時間が場所ごとに異なっているので注意しましょう。


\申込みは基本運転免許でOK/

page top