アイフルの審査に通らない理由は6つ!申し込む前に確認しておくことを紹介

この記事を読んでいる人は、アイフルの審査に不安を感じている人や、既に審査に落ちてしまったけど理由が分からないといった人だと思います。

 

お金を借り入れしたくてアイフルに申込みをしたものの、目の前に立ちはだかるのは「審査」という壁です。

 

どのような事情があろうと、アイフルの審査に通過できなければ、借り入れに結び付くことはありません。

じゃあ、どうすれば確実にアイフルの審査に通るの?

そうですよね。

 

絶対に審査に通る方法があるのなら是非知りたいと思いますよね。

 

残念ですが絶対に審査に通る方法というものは存在しません。でも反対に、審査に落ちてしまう傾向はとても分かりやすいです。

 

つまりアイフルの審査に「通らない理由」をきちんと確認し、当てはまらないように心がければ、借り入れできる可能性が上がるという訳です。

 

それではアイフルの審査に通らない理由などを詳しく見てみましょう。

アイフルの成約率はどれくらい?

アイフルに申込みをした人のうち、どのくらいの割合で審査に通過しているのかは、実はアイフルで公表しています。

 

もちろん飽くまで数字の問題ですから、たとえ成約率が高かったとしても確実に審査に通ると確約されているではありません。

 

しかしひとつの目安とはなりますので、まずはアイフルの成約率がどの程度なのかを見てみましょう。

アイフルの審査に通るのはおよそ2人に1人

最新のアイフル審査の成約率ですが、2019年8月では成約率が42.7%と、およそ2人に1人は審査に通過しているのが分かります。

けっこう高確率で通ってるんだね!これなら希望が持てそう!

そうですよね!

 

しかも、この高い成約率は2019年8月だけのことではなく、毎月コンスタントに似たような成約率となっています。

 

詳しくは次の表を参考にしてください。

契約月 成約率
2019年4月 42.4%
2019年5月 44.0%
2019年6月 43.1%
2019年7月 41.5%

ここで気になってくるのが、「他の消費者金融ではどのくらいの成約率なんだろう?」ということです。

 

では、今回はアコムとプロミスと比較してみます。

 

【プロミス】

契約月 成約率
2019年4月 46.4%
2019年5月 47.3%
2019年6月 45.7%
2019年7月 44.6%

数字だけで見ると、アイフルよりも高い審査率であることが分かります。

 

【アコム】
アコムでは、公式サイトで公表されている成約率はグラフ表示となっていて、詳しい数字では公表されていません。

 

アコムマンスリーレポート

 

最新の情報で2019年3月のものになりますが、成約率は45%前後となっています。

アイフルの審査基準を紹介

アイフルの審査基準は公表されていませんが、アイフルに限らずどの消費者金融に申込みをしても確実に審査で重要視される項目は主に次のふたつです。

  1. 申込者の属性
  2. 信用情報の内容

年収とか勤務先とか、他からも借り入れをしているとか、そういうことでしょ?

そうです!

 

申込者にお金を貸してもきちんと返済してくれるのかを判断するための材料だと言えます。

 

では、具体的にこの2点で、どのような内容を審査されるのかを見ていきましょう。

申込者の属性

申込者の属性とは、ザックリ言えばその人を取り巻く環境のようなものです。

 

例えばどこに勤務しているのか?勤務年数は?持家?賃貸?などの情報のことです。

 

アイフルの場合、申込条件として雇用形態の指定はないのでパートでもアルバイトでも申し込めますが、継続そして安定した収入を得ているかどうかをこの属性で判断します。

正社員だとしても、勤務年数が1年未満だと「今後の給料がどうなるのか分からない」「また辞めてしまうのではないか」など、ネガティブな印象を与えてしまいますので、できれば勤務年数は1年以上あることが望ましいです。

個人信用情報

アイフルに限らずどこの金融機関でも、申込みがあれば必ず個人信用情報機関に信用情報を照合します。

 

そこで、現在借入れ中のものがあればきちんと返済しているか、過去に返済延滞をしたことがないかなどを確認します。

 

また、アイフルは消費者金融業なので総量規制が関係するため、申込み時点で借入額が年収の3分の1近くあれば審査落ちしてしまいます。

 

このように、審査落ちしてしまうのには必ず理由がありますので、そういったケースに当てはまらないように状況を整えてから申込むようにしましょう。

アイフルの申し込み条件を確認しよう

アイフルの審査に通過するためには、もうひとつ確認しておかなくてはいけないのが、申し込み条件です。

 

詳しくは後述しますが、アイフルのカードローン商品ごとに申込み対象者が決められていますので、自分が当てはまっているかまずは確認が必要です。

どんなに年収が高くても、まずは申込み条件を満たすことが必要だね!

そうなんです!どんなに条件のいいお客様だったとしても、アイフルが提示する申込み条件に該当していなければ、審査に通ることはありません。

 

条件と聞くと少し身構えてしまう人もいると思いますが、具体的にアイフルがどのような申込み条件を設けているのかを見てみましょう。

申し込み対象者

アイフルには4つの金融商品があり、どの金融商品に申込みをするのかで、申込み対象者が変わってきます。

キャッシングローン 満20歳以上の定期的な収入と返済能力がある人
かりかえMAX

アイフルを初めて利用する人
満20歳以上の定期的な収入と返済能力がある人

おまとめMAX 満20歳以上の定期的な収入と返済能力がある人
SuLaLi 満20歳以上の定期的な収入と返済能力がある人

かりかえMAX以外はすべて年齢制限と、定期的な収入を得ていることが条件となります。

 

また、すべての借り入れ条件において、表に記載されているもの以外のアイフルの審査基準を満たしていないと行けません。

必要書類

アイフルに申込みをすると、必要書類の提出を求められます。

 

アイフルでの必要書類は次の通りです。

  • 本人確認書類…運転免許証、パスポートなどの顔写真付きの身分証明書
  • 収入証明書類…源泉徴収票、給与明細書(直近過去2か月分)、住民税決定通知書、納税通知書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、支払調書、所得証明書のいずれか

もし指定された本人確認書類がないという場合には、健康保険証プラス住民票など2種類の公的な書類を組み合わせて提出すれば問題ありません。

 

本人確認書類がないときの公的な書類の組合せは次の通りです。

A B

健康保険証
年金手帳
母子手帳

戸籍謄本(抄本)
住民票
住民票記載事項証明書 など

Aを2点か、AとBそれぞれ1点ずつ、またはBと官公庁発行書類で氏名・住所・生年月日の記載がある6か月以内に発行されたものを1点ずつが必要で、Bのみ提出の場合はアコムから送付される簡易書留の送付が必要です。

収入証明書が必要なケース

また収入証明書ですが、これは全員必ず提出しなくてはいけないものでもなく、必要となるのは次のようなケースです。

  • 利用限度額が50万円以上
  • 他社を含めた借入金額が100万円以上
  • 収入証明書の前回提出時から3年以上経っている場合

今回初めてのキャッシングがアイフルで、他社には全く借入れがなく、希望額が50万円未満ならば提出は不要と言うことです。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

アイフルの本審査の内容と審査時間

アイフルでの仮審査に通過すれば、次はいよいよ本審査です。

 

本審査は仮審査で申告された内容に不備がないのかなど細かく確認されるので、仮審査に通っても本審査で落ちてしまうことも珍しくはありません。

仮審査に通っても本審査で落ちることもあるなんて!それじゃあ、いつまでも気が休まらないよ!

お気持ちはよく分かりますよ!

 

審査を待つ時間は異常に長く感じるものですよね。

 

では、アイフルの本審査ではどこを見られるのか、また時間はどの程度掛かるのかなど、気になる疑問について説明していきます。

本審査で見られるポイント

仮審査では、申込書の内容が審査基準を上回っているのかを単純に数値化して診査するのみですが、本審査でやっと人間の審査が入るので、仮審査よりも厳しく内容を確認します。

とはいえ、既に仮審査に通っている状態ですから、後は「仮審査で申告した内容が事実と異なっていないか」ということを調べるのがメインになります。

 

本審査では、収入が安定しているか、年齢に問題はないか、独身なのか既婚なのかなどを確認します。

 

また、申込者のほとんどが嫌がる在籍確認も行われます。

 

例えば、収入が安定していなければ今後継続した返済は厳しくなるでしょうし、在籍確認が取れなければ本当に申告している勤務先で働いているのか確認が取れません。

 

また独身よりも既婚は、万が一のときに逃亡をするリスクが少ないと考えられています。

審査に掛かる時間

アイフルは即日融資も可能で、申込みから契約まで早ければ60分程度で完了します。

 

アイフルに申込みをした理由が、「お金を借りられるまでの時間が短いから」という人が多いのも納得ですね。

 

しかしその間に仮審査や本審査、在籍確認、必要書類の提出なども求められますから、60分以上掛かることもあります。

 

なお、在籍確認が取れなければ契約には結び付かないため、勤務先の方針で在籍確認に応じるのが難しいのならば、事前にその旨をアイフルに相談してみましょう。

 

書類の提出などの代替案を示してくれることがあります。

申し込む前に「1秒診断」でチェック

「本当に審査に通るのか不安」という人は、申込前に公式ホームページにある「1秒診断」を利用することをおすすめします。

 

必要書類も準備して申込みをしたけれど、審査に通らなければ精神的にもショックですし、何よりそれまでの時間がもったいなく感じてしまいますよね。

 

1秒診断は、必要事項を入力するだけで、即時に融資が可能かどうか判断をしてくれるツールです。

 

もちろん匿名ですから、もしその時点で審査に落ちたとしても信用情報に審査落ちしたことはもちろんのこと、申し込みをした事実さえも記載されません。

土日も審査はしてもらえる?

アイフルでは、土日の審査にも対応しています。

 

ですので、土日に外出したときに出先でお金が足りなくなってもアイフルを見つけられれば安心ですね。

でも、土日は審査とか混むんじゃない?すぐに借りれる?

鋭いですね!

 

そうなんです。土日は利用者が多くなり審査に時間が掛かることがあります。

 

その他にも、土日に申し込む場合に注意すべきことがありますので、詳しく説明していきます。

在籍確認に注意

土日に申込みをすること自体はもちろん可能ですが、注意したいのが在籍確認です。

 

もし土日でも誰かしら職場にいて電話応対ができるのであれば、申込者が直接電話に出る必要はないので問題ありません。

 

しかし誰もいない場合ですと、誰かが電話に出るまで審査はストップしてしまうため、即日融資はできなくなります。

でも、どうしても即日融資をしてほしいんだけど・・・

そうですね。急にお金が必要になるのは、平日に限ったことではありません。

 

そこで、どうしても土日にお金が必要なときには、アイフルに電話をして相談をしてください。

 

後日在籍確認と言うことで、給与明細や保険証などを送ることで、即日融資に対応してくれる可能性があります。

 

どうしても、土日に即日融資をしてほしい人は、まずはアイフルに電話をして相談をしてください。

アイフルの営業時間に注意する

アイフルでの融資申込み方法は、WEB、電話、来店、無人契約機のいずれかの方法を選べます。

 

WEB申込みであれば24時間365日受付可能なのですが、来店を希望するのならば土日は営業していませんので注意しましょう。

 

また無人契約機も場所によって利用時間が変わりますので、事前に公式ホームページで利用したい店舗を調べ、営業時間を確認しておくことをおすすめします。

 

どの申込み方法であっても、必ず在籍確認はあるのでその点は注意しておきましょう。

土日の借り入れ方法

土日にアイフルで借入を行う場合、次の3つの方法から選択できます。

  1. アイフルATMもしくは提携ATMからの借入れ
  2. インターネットから振込予約
  3. フリーダイヤル(0120-109-437)からの振込予約

現在手元にアイフルの専用カードもしくは専用アプリがあるのならば、提携先のコンビニATMからでも借入はできます。

 

「今日必要じゃないけど、休み明けに欲しい」という場合ならば、インターネットもしくはフリーダイヤルにての振込予約も可能です。

 

アイフルの店舗では、土日に関わらず融資は行っていませんので、間違って出向かないようにしましょう。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

アイフルの審査に落ちる原因6つを紹介

アイフルの審査に落ちてしまう主な原因6つはこちらです。

  1. 短期期間に複数のローンに申し込んだ
  2. 金融トラブルを起こしたことがある
  3. 総量規制を超えている
  4. 虚偽申告をした
  5. 申し込み希望金額が大きい
  6. 本人に収入がない

これらの理由が考えられますが、アイフルにいくら「なぜ審査落ちしてしまったのか」と聞いても、トラブル防止の観点から明確に教えてくれることはありません。

えっ!じゃあ、どうして落ちたのか分からないの?

そうなんです!

 

「理由を教えてくれれば落ちても納得できるかもしれないのに!」と歯がゆく思いますよね。

 

それに、審査に落ちた原因が分からなければ、他社に申込みをしても同じ結果になってしまうことも考えられます。

 

でも、理由を教えてくれてもらえないからと言ってあきらめる必要はありません。

 

上の6つのケースに当てはまらないようにすれば、審査落ちする可能性がぐんと低くなります。

【1】短期期間に複数のローンに申し込んだ

今回のアイフルへの申し込みと同時に、幾つか他消費者金融に申込みをしていなかったでしょうか。

 

申込みのときに必ず信用情報機関に照合すると先にも話しましたが、そこで確認できるのは既存の借入れ状況だけではありません。

 

何月何日に何件申込みをしたのかという「申込み履歴」も確認できるのです。

 

同時期に複数のローンへ申込みをしているのであれば、「お金に困っているのではないか」「返済が厳しいのではないか」など、あらぬ疑いを掛けられてしまいます。

 

このような状態を「申込ブラック」と言います。

 

アイフルは大手消費者金融で申込者という分母が大きいので、信用力に疑問のある人に無理に貸付を行う必要性がありません。

 

「念のため」と複数申込みをしたことが原因となり審査落ちすることもあるので、できる限り同時期に複数の申込みをするのは避けておきましょう。

【2】金融トラブルを起こしたことがある

過去に、返済延滞や自己破産などの債務整理をしたような金融トラブルを起こした経験がある人も審査に通りません。

延滞も債務整理も完済してから5年〜10年までその記録が残り続けます。(自己破産の場合は免責が確定した後)。

よく延滞や債務整理をした日からカウントする人が多いのですが、解消してからのカウントですので間違えないようにしておきましょう。

【3】総量規制を超えている

アイフルは消費者金融業なので総量規制の対象となり、申込み時点で既に年収の3分の1以上の借入れがある人は、それ以上の借り入れはできません。

 

解消方法は、とにかく現在の借入れ金額を減らすしかありませんから、一朝一夕でどうにかなるような話でもないのです。

 

またギリギリ総量規制に引っかかっていない借入れ金額だとしても、借入「件数」が多いと、同じく審査落ちの原因となってしまいます。

 

同じ借入れ金額でも1社でその金額なのか、10社でその金額なのかで大きく印象が変わってくるためです。

 

1社で借入上限額が高いということは、それだけ社会的信頼そして返済能力がある、と暗に認められているようなものですから、借入件数が多いとなれば、それとは反対に返済能力がないとみなされていることと同意なのです。

 

そのため借入金額だけでなく、借入件数も審査対象だということを頭に入れておきましょう。

【4】虚偽申告をした

審査に通りたい一心で、申込申告内容を虚偽申告した場合も審査落ちの原因となります。

 

特にアイフルはインターネットからの申込みが可能です。

 

いつでも人目を気にせず自由に申込みができるというメリットがある一方、もし誤った情報を入力していても誰もそのミスに気付かないというデメリットもあります。

 

審査がすすむと必要書類の提出を求められ、そこで事実と違うことが判明します。

 

いくら「偶然間違えた」と言っても、それが事実なのかどうかはアイフルに審査担当者は分かりません。

 

そのため、連帯保証人も付けていない信用貸しなのですから、申込み段階で虚偽の申告をする人は信用に値しないと判断されてしまいます。

【5】申し込み希望金額が大きい

申込み希望金額が余りにも大きいのも不利になってしまいます。

 

もちろんそれなりの理由があっての希望融資額とは思いますが、アイフルからすれば素性も分からない人に融資するのですから、最初から高額融資を行うには、余りにもリスクが高くなってしまいます。

アイフルに限らず、どこの金融機関もまず「最低この程度」という金額から融資を開始し、その後の返済状況などを考慮して徐々に借入れ可能額をアップしていくのが一般的です。

そのため初回から高額融資を希望している人は、金額が原因で診査に通らないことも考えられます。

【6】本人に収入がない

繰り返しになりますが、アイフルは総量規制の対象で貸付金額が年収の3分の1までと決まっていますので、申込者に収入がなければ融資はできません。

 

0にいくら掛けても0になるという原理と同じです。

 

収入が0の人に年収の3分の1を掛けても0ですから、融資自体ができないのです。

 

そのため収入を得ていない専業主婦が申込をしても、まず審査に通ることはありません。

再度アイフルに申し込むときのポイント

一度完済したけれども、再度アイフルを利用したいというケースが考えられます。

 

その場合には、公式ホームページにある「再度ご利用のお客様」のバナーから申込みをしてください。

 

前回の完済から最低〇か月あけなくてはいけない、などの規定は存在しません。

 

しかし、新規同様の審査が行われますので、確実に融資につなげたいのであれば、前回よりも借入金額や件数が減っていたり、収入がアップしていたりすると、より審査に通りやすくなります。

増額したいときも審査が行われる

既にアイフルの会員であるけれども、現在の借入れ上限額よりも増やしたいという増額希望の場合にも審査は行われます。

 

増額できるかどうかは審査を受けなくては分かりませんが、それが理由で何かしらのデメリットがないのか気になります。

増額するにも審査を受けなくちゃならないの?しかもデメリットまであったら大変だ!

うんうん、その気持ち、よく分かります!

 

審査を受けるだけでもイヤなのに、何かしらのリスクを負うなんてイヤですよね。

 

では、どのようなリスクが潜んでいるのか、詳しく見ていきましょう。

増額審査によっては利用限度額が少なくなることもある

アイフルの増額は申込後に審査が行われます。

 

その結果次第では現在の借入れ上限額すら下がってしまう可能性がある、ということを念頭に入れておかなくてはいけません。

 

ただの審査落ちなら問題ないのですが、場合によっては「これ以上融資はできない」「今後は返済のみ」と判断されてしまうこともあるためです。

 

例えば前回の審査時よりも、他社借入れが増えて総量規制に引っかかったり、返済遅れが判明したりする場合などに借り入れ上限額が下がってしまう可能性が出てきます。

 

少しでも思い当たることがあれば、下手に増額の申込をしないことが賢明です。

増額審査に申し込むときのポイント

せっかく申込みをするのならば、誰だって審査落ちはもちろん現在の借入れ可能枠も減らしたくはないものです。

 

しかし審査内容でどう判断されるのか分かりません。

 

そのため、もし申込みをするのであれば、他社返済を延滞していない、前回よりも収入が増えているといったプラスのポイントを持っているといいでしょう。

 

最悪、増額はかなわなくても、借入可能額を引き下げられるという事態は避けられます。

アイフルから増額の案内があった場合は

自分から増額の申し込みをしなくても、増額の案内がアイフルから来るときがあります。

 

そのときに、安易に増額の申し込みをするのは、ちょっと待ってください。

えっ、なんで、増額してくれるんでしょ?

うんうん、アイフルから案内が来れば、そう思ってしまいますよね。

 

しかし、アイフルから増額の案内が来たとしても、審査がされていない状態で案内が来ていますので、増額の申し込みをすると必ず審査をされます。

 

そのときに、審査に通過しないのであればまだいいのですが、減額されることもあります。

 

飽くまでも、審査の結果で増額が決まりますので、アイフルから案内があったとしても、本当に増額が必要がしっかりと考えてください。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る