アイフルって怖い?お金を借りる前に注意したいポイントを紹介

アイフルでお金を借りたいけれど、「お金を借りる契約」をするだけに「怖い」と感じる人もいます。

 

アイフルは大手消費者ですしCMでもよく目にするので安心とは思いつつも、やっぱり怖いなと思う気持ちがぬぐえないですよね。

うん・・・。安心だとは思うんだけどちょっと怖いんだよね。実際はどうなんだろ?

そうですよね!

 

高い利息とか怖い取立てとか、ちょっと怖いイメージがありますよね。

 

でも、きちんとした知識を得れば、アイフルは決して怖いものではないことが分かりますよ!

 

そこで今回は、アイフルの利用を考えている人やお金の借り入れを考える人のために、アイフルは利用しても安全な会社かについて解説していきます。

 

お金を借りる前は誰だって不安を感じています。

 

実際に消費者金融を利用する前にチェックしておいた方がいいポイントも紹介するので、併せて確認してください。

アイフルは大手消費者金融会社なので安全な会社

結論から言えば、アイフルは悪質な消費者金融ではなく、安全に利用できる会社です。

 

なぜなら、アイフルは数ある消費者金融会社の中でも、大手と呼ばれる大きな会社なので信頼感や安全性は大きいと言えるからです。

でも、怖いお兄さんが自宅や会社に取立てに来るって聞いたことあるよ!

はい、そうなんですよね。

 

確かにそんな時代もあったのは事実です。

 

アイフルなどの大手消費者金融は貸金業法という法律の下、営業を展開しています。

 

貸金業法が制定される以前はアイフルだけでなく、プロミスやアコムなどの消費者金融機関でも債務者に無理やり取り立てをしたり、強引な督促をしていたりする事実はあります。

 

しかし、資金業法が制定されてからのアイフルは独立系消費者金融として会員数を増やし、業界第3位の会社になるまでに成長したのです。

大手消費者金融として名高いアイフルでは、他社にはない独自のローン商品を多く取り扱っていて、柔軟性や利便性が高いと定評があります。

過去に悪い印象になるような行為をしていた事実はありますが、貸金業法が施行されてからのアイフルでは「怖い」「危険」と感じるような行為は行われていないので、安心して利用できます。

消費者金融について説明

そもそも消費者金融とは、法人に対する貸付ではなく、個人に対して取引をする金融業者のことを言います。

 

カードローンやキャッシングなどの小口融資を取り扱っている消費者金融がほとんどで、貸金業法という法律の下で営業をしている特徴があります。

貸金業法とは、貸金業者が営業所や事務所を設置する場合に、内閣総理大臣か都道府県知事の登録を受けることなどを定めている法律のことです。

 

仮に無登録で営業していると闇金融とみなされて、誰かに貸付をしていれば違法行為になるため罰せられます。

アイフルは貸金業法に基づいた消費者金融であるため、安心して利用ができるのです。

 

とはいえ、アイフルは貸金業法という法律にのっとって事業を運営していると言われても、消費者金融に対して悪いイメージを払拭できない人も多いでしょう。

 

怖いお兄さんが自宅に急に取り立てに来たり、利息制限法で定められた金利以上の、高い利息額を付けられたりなどするのではないかと考えるのも無理はありません。

 

しかし、貸金業法が制定されている現代でそうした行為を取られるとすれば、それはアイフルなどの大手消費者金融ではなく闇金業者です。
アイフル怖い
闇金業者については後ほど詳しく紹介しますが、悪質な貸出しをしているのはすべての消費者金融ではないということは覚えておいてください。

 

一部の街金や闇金が消費者金融の印象を下げていると言えます。

大手消費者金融がおすすめの理由

お金を借りるときにアイフルなどの大手消費者金融をおすすめする理由としては、次の3つがあります。

  • 中小消費者金融よりも低金利
  • 銀行よりも迅速で柔軟な審査
  • 他の金融機関よりも各種サービスが充実

それぞれの理由について詳しく説明します。

中小消費者金融よりも低金利

大手消費者金融は中小消費者金融よりも低金利で借り入れができますが、分かりやすいように各社の金利を表にまとめてみました。

大手消費者金融 中小消費者金融
アイフル 3.0%〜18.0% フタバ 14.959%〜17.950%
プロミス 4.5%〜17.8% アロー 15.0〜19.94%
SMBCモビット 3.0%〜18.0% フクホー 7.3%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0% ダイレクトワン 4.9%〜20.0%
ノーローン 4.9%〜18.0% セントラル 4.8%〜18.0%

表から、大手消費者金融は中小消費者金融よりも低金利であることが分かります。

 

中小消費者金融のは審査が柔軟という口コミもありますが、大手消費者金融の方が金利が低く、支払利息額や総返済額を抑えられるのでおすすめです。

銀行よりも迅速で柔軟な審査

大手消費者金融は銀行よりも審査に通過しやすいですが、これは両者の金利の違いに理由があります。

 

一般的に、金利が高い方が金融機関は借入する人から得られる収益が大きくなります。

 

お金を貸し出した側が一番に懸念しているのは、貸したお金が返済されないことです。

 

金利を高く付けていれば、もし利用者が借入金を返済しなくても利息からある程度のお金を回収できます。

 

したがって、信用力や返済能力が低いほど金利は高くなるのです。

銀行は低金利でお金を借りられる金融機関ではありますが、その分、審査が厳しいという特徴があります。

 

その点、大手消費者金融は銀行よりも金利は高いですが中小消費者金融ほどではなく、審査の通過率が高いメリットがあるのです。

また、大手消費者金融は銀行と違って、独自の基準で審査を実施します。

 

銀行は自社で審査をするのではなく基本的に保証会社に依頼しますが、大手消費者金融は長年にわたって人々にお金を貸してきているので、利用者をしっかり審査できるだけのノウハウを持っています。

 

したがって、大手消費者金融は銀行よりも柔軟な審査が実施されるのです。

他の金融機関よりも各種サービスが充実

大手消費者金融では銀行にないサービスが充実していますが、例えばアイフルでは無利息サービスの利用ができます。

 

アイフルの無利息サービスは、初めてキャッシングローンを利用する人に限って最大30日間利息が発生しないというサービスです。

 

約1か月分の利息がかからずにお金を借りられるので、短期間に完済できれば元金だけの返済ですみます。

 

1か月を超える返済計画でも、30日間利息が発生しなければ金銭的なメリットは大きいです。

 

この他にも大手消費者金融は会員サイトや専用アプリから借入の申込や契約の変更手続きなどができるサービスが充実しているので、非常に利便性が高くておすすめです。

ヤミ金とは違う

先にヤミ金について触れましたが、消費者金融とヤミ金業者は全く別物になります。

 

ヤミ金は貸金業法を守らずに内閣総理大臣や都道府県知事の許可を得ないまま営業しているので、登録番号や業者番号が発行されていません。

 

そして、違法な金利でお金の貸出しをしていたり、悪質な取り立てをしていたりしています。

利用を検討している消費者金融がヤミ金ではないか確認したい人は、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用することをおすすめします。

消費者金融の商号・名称や登録番号、電話番号などから検索ができます。

 

金融庁に登録がない貸金業者はヤミ金なので、絶対に借入をしないよう気を付けてください。

アイフルの評判はどうなの?

これからアイフルに申し込もうとしている人にとって気になるのが実際に利用した人たちの評価・口コミです。

 

アイフル利用者からはどのような評判があるのでしょうか?

大手消費者金融だし安心なのは分かったけど、やっぱり評判は気になるよね。

うんうん、そうですよね!

 

どんなに安全だと言われても、利用者からの評判が悪かったら考えものですよね。

 

アイフルの公式ページによると、同社の利用者数は約80万人で多くの人が利用していることから評判は悪くないと言えるでしょう。

 

最大借入限度額は800万円と大きく、審査時間は最短30分でスピーディに融資を受けられる点などが評価されています。

 

電話対応にも定評があるだけでなく、女性専用窓口を用意しているため女性も安心して申込できるシステムが整えられています。

 

審査があるのでアイフルの申込者が全員利用できるわけではありませんが、柔軟に審査をしてもらえる特徴があるため借りやすいところも評価できます。

 

他社に申し込みをして審査に落ちてしまった人も、アイフルは通ったという口コミ情報もあるのでお金を借りられる可能性は高いと言えるでしょう。

 

アイフルは、大手消費者金融の中でも様々な商品やサービスを取り扱っていて、評判も悪くはないので利用を検討してみてはどうでしょうか。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら

アイフルの金利は利息制限法の範囲内である

先に少し触れましたが、アイフルの金利は利息制限法の範囲内で設定されているため、法外な高い利息額を請求されることはありません。

 

利息制限法とは、お金の貸借をするときの利息の限度を定めた法律のことで、消費者金融や銀行などの金融機関で適用されています。

 

利息制限法における上限金利は、貸付金額によって異なっていて最大金利は20%に設定されています。

貸付金額(元金) 最大金利(年)
100万円以上 15%
10万円〜100万円未満 18%
10万円未満 20%

実際に適用される金利は、審査で申込者の返済能力や信用度などを総合的に評価して決定されます。

 

初めてアイフルを利用する人は、同社との信頼関係がゼロの状態なので最大金利が適用されることが多くなっているため、下限金利ではなく上限金利で返済計画を立てておくと安心です。

アイフルの金利設定

アイフルでは、複数のローン商品を取り扱っているので、それぞれの金利設定を表でまとめてみました。

商品名 金利設定 借入可能額
キャッシングローン 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円以内
かりかえMAX 3.0%〜17.5% 1万円〜800万円以内
おまとめMAX 3.0%〜17.5% 1万円〜800万円以内
事業サポートプラン(無担保ローン) 3.0%〜18.0% 1万円〜500万円以内
事業サポートプラン(不動産担保ローン) 3.0%〜12.0% 1万円〜1億円
SuLaLi 18.0% 10万円
ファーストプレミアムカードローン 3.0%〜9.5% 100万円〜800万円以内
目的別ローン 9.8%〜17.0% 1万円〜100万円

アイフルが取り扱っている商品は非常にたくさんあり、それぞれ金利設定が大きく異なることが分かります。

 

借入限度額も全く違っているので、目的や利用方法に合った商品を選ぶことが大切です。

他社の金利と比較

先に他社の消費者金融を少し紹介しましたが、もう少し詳しく各社の主な内容をチェックしてみましょう。

消費者金融名 金利設定 借入可能額
アイフル 3.0%〜18.0% 800万円以内
アコム 3.0%〜18.0% 800万円以内
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円以内
プロミス 4.5%?17.8% 500万円以内
ノーローン 4.9%〜18.0% 500万円以内

アイフルは他の大手消費者金融と比較すると、借入可能額は若干低めですが、金利には大きな差がないことが分かります。

 

利用者や取扱商品の多さ、サービスの豊富さなどを考慮したうえで、お金を借りる消費者金融を選択するようにしてください。

利息の計算方法

ここからは、いくらの金利で毎月どれくらいの返済額となるのか計算していきます。

 

アイフルで30万円を金利18.0%で30日間にわたって借り入れた場合は、次のような計算式で利息額が求められます。

30万円(利用残高)×18.0%(適用金利)÷365日×30日間=443円(30日間の利息額)

上記の計算式では最大30日間の無利息サービスを適用していませんが、利息額の計算方法は「利用残高×適用金利÷365日×利用日数」で求められます。

 

希望額で借入をした場合に、いくら利息額を支払う必要があるのか計算してみるといいでしょう。

 

以上がアイフルの評判についての紹介になります。

 

次章では、アイフルに返済できないときの対処法について説明していきます。

 

返済に遅れると大きなダメージを受けることになりますので、しっかりと確認しておいてください。

返済が難しそうなときの対処法

アイフルからお金を借りていると、どうしても返済日に返済金を用意できないこともあります。

 

でも、返済を延滞してしまうと自分にとって大きなダメージとなるので、できるだけの対策を採りたいものです。

そうは言っても、返済のお金がないとき、どうしていいのか分かんないときがあるんだ・・・。

そうですよね。

 

ないものはないとあきらめてしまいがちですよね。

 

そこで、返済が難しそうなときのための対処法として次の3つを紹介します。

  1. アイフルに相談する
  2. 債務整理を検討する
  3. 他から借りて返済に充てる

返済のお金を用意するのが難しいときのために、対処法について確認しておきましょう。

【1】アイフルに相談する

返済に遅れそうなときは、返済日前にアイフルに電話連絡をすることが大切です。

 

遅延した履歴は消せませんが、無断で延滞するよりもいい心証を残せるでしょう。

 

2〜3日の短期間の延滞であれば電話で相談すれば大きな問題にはならないですが、長期的に返済ができない状態である場合は、任意整理などの債務整理も候補に入ってきます。

アイフルから督促が来てから対応すると印象が悪くなり、最悪の場合契約を解消され、訴えられることもあるので早めに対処しましょう。

アイフルの会員専用ダイヤルの番号と受付時間は次の通りです。

電話番号:0120-109-437

受付時間:平日9:00〜18:00

返済の目途や返済の意思があることを、きちんとアイフルの担当者に伝えることが大事です。

【2】債務整理を検討する

支出や収入の管理がうまくいかず、アイフルからの借入をどうしても返済できないようであれば、必要に応じて債務整理を検討することもひとつの方法です。

 

債務整理は飽くまでも最終手段ではありますが、支払利息額を抑えて、返済総額を減額することができます。

 

借金問題を根本的に解決したい場合は、司法書士や弁護士などの専門家に依頼して債務整理をすることも検討してみてください。

 

ただし、債務整理を行うと、信用情報機関に手続きをした記録が一定の期間において残ります。

債務整理の信用情報登録期間中は、ローンやクレジットカードなどの審査を受けても落ちてしまうので注意が必要です。

債務整理の手続きについて、種類ごとの信用情報登録期間は、次の表の通りです。

手続きの種類 JICC CIC KSC
任意整理 契約継続中及び契約終了後5年以内 契約期間中及び契約終了後5年以内 契約期間中及び契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年もしくは10年を超えない期間
個人再生 契約継続中及び契約終了後5年以内 契約期間中及び契約終了後5年以内 当該決定日から10年を超えない期間
自己破産 契約継続中及び契約終了後5年以内 契約期間中及び契約終了後5年以内 当該決定日から10年を超えない期間

【3】他から借りて返済に充てる

アイフルの返済を自己資金だけ賄えない場合は、自転車操業的ではありますが他社ローンを利用したり、家族に支援をお願いしたりしてお金を用意する方法もあります。

 

ただし、他社に新規借入申し込みをしても審査に通る可能性は低いと言えます。

 

消費者金融業者は貸金業法を守る必要があるので、申込者の年収額に対して3分の1以上の貸付けはできません。

 

既にアイフルで借入をしている分、審査の難易度は上がっているので注意が必要です。

 

なにより、借金を借金で返済していると、利息がふくらみ、返済額が雪だるま式になって首が回らなくなる可能性が高くなります。

 

家族であれば金銭的な援助をしてもらえるかもしれないので、母親や父親に頭を下げるのが得策と言えます。

 

家族であっても借用書を書いて、借りたお金はきちんと返すようにしてください。

 

このように、返済できないときの対処法は幾つかありますが、それらを実行できずに返済を延滞してしまうとどのようなことが行われるのでしょうか。

 

次項では、延滞したあとの連絡や督促、裁判(!)といったことについて説明していきます。

延滞をすると電話連絡がある

アイフルの返済を延滞すると、まずは電話連絡があります。

 

返済期日を守ることは大切ですが、延滞した次の日にすぐ督促状がくるわけではありません。

 

まずは、アイフルの担当者から登録した電話番号に9:00〜20:00の間に連絡がきます。

よかった〜!いきなり督促や裁判にはならないんだね!

そうですよ!

 

いきなりドアをバンバンたたかれて「お金払ってくださいよ〜!」なんて言われませんから安心してくださいね。
(というより、そもそもこんなことはされませんので大丈夫ですよ!)

 

でも気を付けてください。

 

電話連絡を無視し続けると、督促状が届いたり、契約を解約されたりなどの対処に移っていくのです。

 

では、延滞したあとはどのようなことが起こるのか、順番に説明していきます。

延滞した場合に起こること

アイフルの返済を延滞した場合の流れは、次の通りになります。

  1. 電話連絡がある
  2. 自宅に督促状が届く
  3. 裁判となり差し押さえられる

それぞれの項目について、順番に解説していきます。

【1】電話連絡がある

先に少し触れましたが、アイフルを延滞すると申込時に登録した自分の電話番号に連絡がきます。

 

貸金業法で定められている9:00〜20:00の間に督促の連絡がきますが、曜日は土日祝を含めた全日に電話が来ることになっています。

 

このとき、電話に出て延滞している理由や返済可能日を伝えると、アイフルから督促の電話は来なくなりますが、連絡を無視し続けると督促は次の段階に入るのです。

【2】自宅に督促状が届く

アイフルからの電話に対応せず、放置し続けていると債権回収会社から自宅に督促状が郵送で届きます。

 

督促状とは、本来返済すべきお金を催促するための書面のことで、滞納後1か月ほどで発送されることが多いです。

督促状は請求書と同封で届き、延滞している事実や必ず支払わなければいけないこと、支払期限などが明記されています。

 

仮に督促状の内容に従わず、延滞状況が解消されなければアイフルが裁判所に申立てをするという旨も記載されているので注意が必要です。

返済の目途があるかに関わらず、すぐにでもアイフルに連絡する必要があります。

【3】裁判となり差し押さえられる

督促状が来ても何もアクションを起こさなければ、アイフルの債権回収会社は「連絡がないということは支払う意思がない」という判断をして、貸倒れの損失を少なくするために裁判所に差し押さえの申立てを行います。

 

差し押さえは法的な手続きになるうえ、裁判所からの差し押さえ通知によって、家族や職場などにアイフルからお金を借り入れていることや滞納していることがバレてしまいます。

 

返済能力がないと判断されて法的手続きを取られると、会社からの給与や貯金の4分の1までの額や車、家などの財産の差し押さえが実施されるので、どれだけ遅くても督促状が来た時点でしっかりと対応することが重要です。

 

弁護士を雇って解決に向けた行動を取る必要がありますが、自分の返済の遅延でアイフルに被害を与えていることを忘れてはいけません。

 

裁判で争って勝てる可能性はほぼないので、債務整理をすすめられる可能性が高いです。

アイフルで延滞するとどんな影響がある?

アイフルを延滞した場合に起こる出来事を紹介しましたが、他にもいろいろな影響があります。

えっ!もっとあるの?やっぱり延滞は怖いな〜。

そうなんです!

 

延滞してしまうと、想像以上のダメージを受けることになってしまうんです。

 

考えられる影響には次のものが挙げられます。

  • 信用情報に延滞記録される
  • 信用度が下がる
  • 今後のローンの申し込みに影響する
  • 新たな借り入れができない
  • 遅延損害金を支払う

では、ひとつずつ確認していきましょう。

信用情報に延滞記録される

アイフルの返済が短期延滞ではなく、長期延滞(支払期日から61日以上)になった場合は、個人信用情報に金融事故として記録されます。

 

金融事故を起こした記録があると「キズ」になるので、場合によっては他の金融機関から契約を解除されたり、限度額が減額されたりなどの対応が取られることがあります。

信用度が下がる

継続的にアイフルと取引をしていると信用度が上がっていき、増額審査の紹介をされるなどの対応を受けられますが、延滞すると信用度が一気に下がってしまいます。

 

長期的にアイフルを利用していて信用度が高い状態であったとしても、一度延滞をするだけで信用度が急激に低下します。

今後のローンの申し込みに影響する

延滞や滞納した情報は、先に説明した通り信用情報機関に一定期間登録されるため、新しく申し込むローンやクレジットカードの審査に悪い影響が出てしまいます。

 

信用情報機関の記録は、アイフルなどの消費者金融だけでなく、銀行やクレジットカード会社など他の金融機関もチェックできるので、アイフルでの取引履歴も知られてしまうのです。

 

貸金業者やクレジットカード会社からすれば、約束した日にお金を用意できない人を審査に通して自社を利用してもらうのは不合理と言えます。

 

中小消費者金融など審査を受ける会社によってはアイフルでの延滞情報があっても利用できる可能性はありますが、通過率が悪くなるのは確かです。

 

したがって、アイフルで延滞をすると今後のローンの申込にも影響が出てしまいます。

新たな借り入れができない

アイフルでは延滞があると、利用中のキャッシングやローンを使えなくなるので新たな借り入れができません。

 

基本的なことではありますが、借りたお金を返さなければ新しい借入はできないので、返済管理をしっかりして返済期日を守ることが大切です。

 

アイフルから利用が停止されていると、急なお金の入り用があった場合にうまく対応できないので注意が必要です。

遅延損害金を支払う

あらかじめ決められた支払日にお金を用意しなければ、延滞した日数に応じて遅延損害金が発生します。

 

遅延損害金は通常の適用金利よりも利率が高いので、総返済額が増えてしまうため金銭的なデメリットが大きいです。

 

遅延損害金がどれくらい発生するかは利用する消費者金融によって異なりますが、アイフルの場合は年率20.0%になっています。

 

\ 借入可能か1秒で診断できます /

お申込みはこちら
トップへ戻る