アコムへの返済について

アコムへの返済方法は数種類。返済に関する便利なサービスもあります

急にお金が必要になってしまったという場合に、便利なのがアコムでのカードローンです。

 

しかし、アコムでカードローンを利用した時に気になるのが返済についてのことです。実際に返済というキーワードで検索される方も多くいます。

返済方法ネットバンク利用から振込やATM返済と多彩

アコムでの返済にはインターネットでの返済が便利です。パソコン・スマホから提携している銀行のネットバンキングを通して24時間返済が可能です。しかも365日返済が可能なので

 

「返済日が明日に迫っている!」という時に助かります。手数料が無料となっているのも魅力ですね。

 

ちなみにここでいう「ネットバンキング」とは「Pay-easy(ペイジー)」というシステムを利用していることを表しています。Pay-easy(ペイジー)は多くの銀行で採用されているのでアコムの公式ホームページを参考にして下さい。

POINT会員メニューでインターネットでの返済選択後に、返済金額を入力するだけで可能です。利用手順はまずアコムの公式サイトで手続きをします。会員ログインをした後、インターネットによる返済の手続き開始をクリックし、返済金額などの必要な情報を入力します。

 

次に振り込む元となる金融機関での手続きです。金融機関の選択をしてログインをして、決済口座を選択してログインします。そして手続きが完了となります。

尚Pay-easy(ペイジー)対応ではない銀行の場合は、普通にネットバンキングで振込返済ができます。いずれにせよネットバンキングを銀行で登録しておくと何かと便利です。

 

ネットバンキングを利用していなくても銀行ATMや窓口からの振込返済もできます。

 

また提携ATMを利用して返済することも可能です。コンビニエンスストアなど全国の提携先のATMから返済が可能となっています。こちらもアコムのホームページから提携ATMの一覧を確認することができます。

 

もちろん全国のアコム店舗窓口から返済をするという方法もあります。有人店舗の場合には残額の金額などを確かめたり、スタッフに直接相談をしながら返済をすることができます。また店舗に設置されている専用ATMでも返済が可能となっていますのでお近くに店舗がある場合には、こちらのATMを利用するのも便利です。

期日前でも返済が可能

利息は利用日数分となっています。簡単な例として毎月返済日が通常より5日も早く返済することで、その月の利息が5日分安くなります。アコムでは返済期日をいずれかに選択することができます。「35日ごと」か「毎月指定期日」のどちらかです。

 

「35日ごと」だとご返済期日は、前回返済日の翌日から数えて35日目となります。返済するとその翌日からまた35日後が次回の返済期限となります。

 

最初はお借入日の翌日から35日後となります(35日毎でないと30日間金利0円サービスが適用されない)。35日指定をすると毎月同じ日でないために返済日がずれていきます。同じ日でないと難しいと思う時は「毎月指定期日」を選択されることをお勧めします。

 

「毎月指定期日」は希望された毎月指定日となります。もし指定日がアコムの休業日、つまり土日祝日、年末年始であれば、翌営業日がご返済期日となります。

 

「口座振替」もあります。これは俗に言う銀行引き落としです。毎月6日で自動引き落としとなっており、口座振替以外の任意の返済であれば、アコムの店頭窓口かATMで返済する形となります。

アコムの返済お知らせメール

返済期日というものは忘れやすく、忘れてしまわないか不安という方もいると思います。そこでおすすめなのがメールサービスです。

 

メールサービスに登録をすることで、事前に返済日の前にお知らせが届くシステムとなっています。返済期日を忘れてしまいそうで不安であるという方は、こちらのメールサービスに登録をすることがおすすめです。しかもうっかり忘れを無くす為に3つのメールを送ってれるのです。

  • 返済期日の3日前
  • ご返済期日の当日
  • 返済期日経過後のご返済

の3つのメールです。

 

他にカード更新案内として、ACマスターカードをお持ちのお客様に送ったり、キャンペーン情報などもお届けします。このメールサービスについては会員メニューからメールアドレスを登録するだけで完了します。

 

ついうっかりして返済期日を忘れることで信用機関にキズを付けないためにもこのようなメールサービスを有効的に使いましょう。

page top