アイフルの年末年始の営業について

アイフル年末年始営業

大手の消費者金融でも、年末年始だけは休業するところも多くなります。

 

この期間中にアイフルの利用を考えている人は、以下の2016年の年末から翌2017年に掛けての営業情報が参考になると思われます。

 

特にこの期間中に申し込みを行おうと考えている人は要注意です。

アイフルの店頭窓口

アイフルには全国に26箇所の有人店舗があり、この窓口から申し込みや借り入れ、及び返済を行うことができますが、年末年始の12月30日から翌1月3日までは、この有人店舗は休業となります。

 

ATMコーナーが併設されている場合は、そちらは年末年始でも通常通りの営業となっています。

ATM

上に書いたように、ATMは年末年始の期間中でも通常通りの営業を行っています。元々アイフルのATMは営業時間が7〜23時となっており、他社のように24時間営業ではありません。年末年始もこの営業時間は変わりません。

無人契約ルーム

アイフルの無人契約ルームは通常は9〜22時までの営業となっていますが、この年末年始の期間中は営業時間が変わります。

 

12月29日は21時までになり、30日は18時までです。いつもより営業時間の終わりが早くなるので、これらの日に申し込みを行おうと考えている人は注意してください。少なくとも営業時間の1時間前までには申し込みを行わないと、即日融資は難しくなります。

 

そして、12月31日から翌1月2日の3日間は休業となり、一切の申し込みは行えません。1月3日と4日も営業時間が短縮されて21時までになりますが、5日からは通常営業になります。

電話、及びインターネットによる申し込み

電話による申し込みは12月31日から翌1月2日までの間は受け付けていません。インターネットからの申し込みに限り、この年末年始の期間中でも通常時と同様に24時間受け付けていますが、この期間中の申し込みに対する審査結果の回答は翌1月3日以降になります。

 

つまり、アイフルからは12月31日から翌1月2日に掛けての3日間は、新規の融資を受けることはできないということですが、既に契約を行っている場合はこの限りではなく、ATMを利用して借り入れを行うことができます。

この期間中に返済日がある場合
このような休業期間中に返済日があった場合、それが明けてからの返済になる業者もありますが、アイフルでは特にそのようなことはなく、返済日に関してはいつも通りです。

 

銀行振り込みによる返済を行っている場合、12月31日から翌1月3日までは振り込みを行ってもそれが即日には口座に反映せず、翌1月4日付となります。この期間中に返済日があった場合はそれで構いません。

 

また、余裕を持って12月21日から30日の間に振り込んでしまうという手もあります。アイフルでは本来の返済日の10日前からその返済日に対する返済が可能です。このケースで12月21日に振り込みを行えば、今回の返済は終了となり、次回の返済日は1月30日以降になります。

 

ATMから返済を行う場合、この年末年始の期間中でも通常通りで構いませんし、1月4日に行っても構いません。ですが、店頭の窓口は12月30日から翌1月3日までは休業している為、店頭での返済を行っている場合、この期間中はなるべくなら10日前から早めに返済してしまいましょう。この場合も1月4日でも構いませんが、1月4日は店頭は大変混雑することが予想される為、早めに行っておくに越したことはありません。

 

返済方法として銀行口座からの引き落としを選択している場合は、休業となる30日までに返済分をその口座まで入金しておいてください。実際の引き落としは1月4日ですが、1月4日に入金しても構いませんが、色々な年始の日だけに、忘れてしまって遅延という扱いになってしまっては大変です。

 

まとめますが、12月31日から翌1月3日の期間中に返済日がある場合、1月4日でも構わないと覚えておけば問題ありません。

年末年始には契約が行えません

アイフルでは12月31日から翌1月2日までは、どのような申し込み方法でも契約を行うことはできません。インターネットを利用した場合でも、審査結果は1月3日以降となります。

 

この時期にお金が必要になった場合は他の営業を行っている業者を利用するか、予めそれが分かっている場合は、12月30日までに申し込みを行っておいてください。

 

また、12月30日の申し込みは、審査結果がその日のうちに出ないと、翌1月3日まで待たされることになってしまいます。年末年始にお金が必要になると分かっている場合、それより前に申し込みを行った方がいいでしょう。

 

どうしても申し込みが12月30日になってしまう場合、インターネットではなく、無人契約ルームから申し込んだ方がいいと言えます。これは各消費者金融に共通して言えることですが、インターネットからの申し込みより、無人契約ルームからの申し込みの方が優先して処理される為です。

 

既にアイフルと契約を行っており、キャッシングカードを所持している場合には、年末年始であってもATMから通常通りに借り入れが行えます。アイフルのATMだけでなく、コンビニなどの提携先のATMも利用できるので、この年末年始の物入りを心配する必要はありません。

借り入れするのに時間や手間がどれくらいかかるか不安ですよね?


アイフルなら申込書類は基本運転免許証のみ、審査回答も最速で30分


「えっ?こんなに早くて簡単ならもっと早くから利用しておけばよかった!」と思うはずです。


アイフルへ申し込む