カードローンを無利息で借りる方法と注意点

急な出費などが重なりやすい年末年始や、冠婚葬祭、引越しといった際にお金を用意するのに便利なのがカードローンの存在です。カードローンを使用することでお金をその日の内に借りることが出来ますし、ある程度まとまった金額でも審査さえ通過すれば問題なく借りることが出来ます。

 

しかしカードローンの場合、借りた金額に対してカードローンサービスを行っている消費者金融や銀行の決めた金利に沿って利息の支払いを行う必要があり、基本的には13〜18%程度の金利が適用されることになります。カードローン会社によって金利の設定は異なりますが、少なくとも全く利息を支払わずにお金を借りるということはできないと考える必要があります。

 

何故ならカードローンは便利なローンではありますが、あくまでも借金でありそれを貸す側も利息によって利益を得ているわけなので、無利息で奉仕してくれるというカードローン会社は存在しません。そのため無利息でお金を借りるのは基本的には無理なのですが、唯一無利息でお金を借りる方法と言うのが存在しています。それがカードローン会社の行っている無利息サービスと言う特別なサービスとなります。

無利息サービスとはどんなサービスなのか?

無利息サービスと言うのは一部の消費者金融や銀行系カードローンが行っている、文字通り利息を支払うことなくお金を借りることが出来るサービスです。

 

このサービスを利用した場合実際に1円の利息も支払うことなく便利にカードローンを利用することが出来るため、急な出費の際にも非常に便利なサービスとなっています。無利息サービスを利用することにより利用者側はカードローンお便利さを知ることが出来ますし、使い方を上手に行えば無駄なくお金のやりくりが出来るため、家計の助けにある場合も多いはずです。

 

カードローン会社側も無利息サービスを取り入れることにより、カード利用者を増やすことも出来ますし、自社のサービスが優れている、便利であるという印象を与えることが出来るため、無利息サービスと言うのは利用者側も貸す側もwinwinになれる便利なサービスです。

 

利用する際の条件などもありますが、同じお金を借りるのであれば無利息サービスを行っているカードローンを利用するほうが確実にメリットがありますので、カードローン選びは無利息サービスの有無も重要なポイントになります。基本的な無利息サービスの内容としては、一定期間内であれば借りた金額に対して金利が適用されず、利息が発生しないというものになります。

 

一定期間というのはカードローン会社によって異なっており、1週間〜30日(一部180日もあり)という期間が無利息サービスを利用できる期間に設定されていることが多いです。

 

この期間内に借りたお金を返済すれば利息の発生はありませんので、期間を良く確かめて計画的に利用するればとても利便性の高いサービスになることは言うまでもありません。複数のカードローンで無利息期間を使うことも可能ですので、使い分けするとさらに便利になります。

無利息サービスを行っている会社は?

無利息サービスは全てのカードローンで利用できるわけではなく、数社が限定的に行っているサービスとなります。

 

現在無利息サービスを利用できる会社としてはアコム・アイフル・レイク・プロミス・ノーローンとなっており、どのカードローンを利用しても無利息でお金を借りることが出来ます。

 

それぞれに無利息サービスの特徴が異なるので違いを正しく知った上で利用することが失敗しない使い方となります。まず利用できる期間に関してはノーローンを除く4社は全て30日間の利用期間を設けていますので、比較的長期にわたり無利息期間を利用することが出来ます。

 

ノーローンの場合は30日ではなく7日間の無利息期間となっているので期間が短いので注意が必要です。

 

レイクの場合は唯一の銀行系カードローンですが、アコムなどの消費者金融同様に無利息サービスを利用できます。レイクは無利息期間を30日間か5万円までを180日間の2通りから選ぶことが出来ますので、他のカードローンよりも無利息期間の選択肢が多く利便性が高くなっています。どのカードローンの場合も利用するための条件を設けており、その条件をクリアできない場合は無利息期間を利用できなくなっています。

 

その条件とは、初めてそのカードローン会社を利用するということやカードローン会社の決めた支払い期間での契約、webメール会員の登録といった条件が課されています。それをクリアできた場合のみ無利息サービスの利用が可能になります。

 

無利息サービスの利用期間開始に関してはアコム・アイフル・ノーローン・レイクの場合は契約した翌日から自動的に無利息期間がスタートするので前もって契約しておくということが出来ません。プロミスの場合は契約後初めてお金を借りた時点から無利息期間がスタートするので、その点を考えた場合にはプロミスが便利です。

 

ノーローンの場合は7日間という短い期間しか無利息期間を利用できませんが、他のカードローンとは決定的に違うところがあります。それはノーローンの場合借りた金額を完済すれば翌月また7日間の無利息期間を利用できるという点です。この7日間の無利息期間はノーローンを契約している限り、完済さえすれば何度でも利用できるのが特徴なので、小額利用の場合は特に便利に使うことが出来ます。

 

1度だけでなく何度でも利用できるのがノーローン最大の特徴ですので、他社との違いを理解して上手に利用するのがポイントです。

無利息サービスのデメリットとは?

非常に便利に使える無利息サービスですが、メリットだけでなくデメリットももちろんあります。それが無利息期間が終了してしまうと自動的に金利に対する利息が発生するという点です。無利息サービスは無期限ではない期限付きの限定サービスですので、それを忘れていれば借りている金額に対して利息が発生するのは当たり前のことです。

 

そのため大丈夫だろうという安易な考えで無利息サービスを利用してしまうと期間内に完済することが出来ず、無駄な利息を支払うハメにもなります。30日間という期間は長いようで短いですし、無利息期間のスタートがいつだったか明確に理解しておかないと思わぬトラブルになることもあります。それと初めて利用する場合のみ無利息サービスが利用できる場合がほとんどなので、過去に利用経験がある場合には無利息サービスを利用することが出来ません。この点も無利息サービスのデメリットとなります。

 

アコムやアイフル、レイクに関しては契約した時点で無利息サービスが開始されてしまうので、無意味に契約をしてしまうと無利息期間を無駄に消費してしまうことにもなりかねません。それと複数のカードローンで無利息期間を利用すると確かに便利なのですが、返済が出来なけれそれぞれに利息が発生することにもなりますし、それによる多重債務の危険性も高まることになります。

 

出来るだけ無利息サービスを利用する場合には1社だけに搾り計画的に利用することが望ましいですし、返済できないような金額を借りるのではなく、自分の収入に見合った金額を借りて期間内に完済するのが正しい無利息サービスの使い方となります。どれだけ便利で無利息でお金を借りれたとしても、それは借金であることを忘れないようにすることが無利息サービスを上手に安全に使いこなすポイントとなります。

業界最速クラス!3つのお金の借り方

14時までにアイフルで借りる

平日14時まで
即日振込可能・来店不要・カード不要
審査と必要書類提出が平日14時までに完了すればその日のうちにコンビニ・銀行ATMで出金できます

レイク即日融資

平日14:00〜21:00の場合
カード受け取り後に融資
ネットで事前申込み後、近くの無人契約でんわBOX「てまいらず」でカードを受け取りアイフルATMまたはコンビニ・銀行ATMでお金を借りられます

レイク土日即日融資

平日21:00以降・土日祝の場合
翌営業日9時以降に出金
ネットの事前申し込みでアイフルの翌営業日にお金を借りられます

アイフルへ申し込む

カードローン人気ランキング

アコムの特徴

  • 審査は最短30分!
  • 即日振込みも可能!
  • 融資までの時間は最短1時間!
  • 初めてなら30日間金利0円
  • ネット申し込みの後ならむじんくんでの作業時間は最短5分!

価格 評価 備考
最短30分円 評価5 最速1時間
アコムの総評

申込みの手軽さ、お金を借りられるまでの速度で考えるとやっぱりアコムが一番人気!

毎日約1400人の申し込みがあります。基本書類は運転免許証のみでOK!

アイフル

アイフルの特徴

  • 即日融資も可能
  • 融資まで最速1時間
  • 女性専用ローンあり
  • カード受け取りは時間指定が可能

価格 評価 備考
最短30分円 評価3 最速1時間
アイフルの総評

アコムと同様に最短30分審査で最速1時間融資が可能です。 ネットから申込んだあとで電話をして融資を早めてもらう流れです。

関連ページ

カードローン利用上の注意点
無担保、保証人無しで借りられることが多いカードローンですが手軽な分、計画的に使うことも考えましょう
ソフト闇金
あまり聞き慣れない「ソフト闇金」について
審査で大切なこと
カードローンでお金を借りるにはまず審査を通過しなければなりません。そこで大切なこととは?
総量規制と限度額
アイフルからお金を借りるには総量規制について注意が必要です。よって借り入れする際の限度額についても返済のバランスはもちろん総量規制についても計算するようにしましょう
ライバルのアコムはどうなっている?
アイフルとアコムのサービス内容は似ています。それぞれお好みに合わせて利用すると良いでしょう