カードローンを利用する上での注意点

カードローンは無担保、保証人なしでお金の借り入れができるとても便利なキャッシングサービスですが、その利用には注意が必要な点もいくつかあります。

 

ここではそのようなカードローンを利用していく上での注意点をまとめてみます。

自分の預金だと勘違いしてはいけません

カードローンは限度額の範囲でいつでも自由に借り入れが行えます。

 

借り入れを行うごとに残りの借り入れ可能額が減っていきますが、これを自分の預金だと勘違いしてしまうことがあります。
「まだ○万円下ろせる(実際には”借りられる”)」と考えてしまい、すぐにこの限度額を全て使い切ってしまうことも珍しくありません。

 

借りたお金には利息が発生します。借りた額をそのまま返せばいいという訳ではありません。

 

カードローンは限度額までの預金があるのではなく、それは全て借金であるということを決して忘れないようにしてください。

きちんと返済を行いましょう

カードローンでお金の借り入れを行うと、当然ですがその返済を行っていくことになります。

 

この返済は毎月、もしくは決められた周期ごとに分割で行っていくものですが、余裕ができた場合には1回の返済額以上の支払いを行っても構いません。

 

例えば7,000円の決まった支払いがある場合に10,000円を返済すると、残りの3,000円は元金の返済に回されます。利息はこの元金の残高によって変化するので、元金を早く減らすことで今後支払っていく利息の額を減らすことができます。

 

逆に返済日に支払いが行えなかった場合、遅延という扱いになってしまいます。この場合、次の日にその旨の連絡があり、そこで支払いを行える日を約束します。

 

この時に約束をした日まで再び連絡がくることはありませんが、その日にも支払いが行えない場合、再び連絡があり、また支払える日を約束します。

 

この2回目までは携帯電話への連絡で済みますが、この2回目に約束した日にも支払うことができないようなことがあると、次は封書での催促や、場合によっては自宅への連絡をとられることがあります。

 

そして、当初の返済予定日から3ヶ月以上滞納をしてしまうと、いわゆるブラックリスト入りをしてしまうことになってしまいます。

この情報は他の消費者金融や銀行、クレジットカード会社から確認することができるので、他の消費者金融なども利用していた場合は即時にその借り入れ残高の一括での返済を求められたり、今まで使用できていたクレジットカードが突然使用できない状態になってしまうことが考えられます。

3ヶ月以内の滞納であっても、その情報は信用機関に残ります。金融業者によっては2ヶ月程度の滞納でブラック扱いとするところも無いとは言えません。

 

また、返済を延滞しているとその日数に対して1日単位で利息と遅延損害金が発生し、支払い額がどんどん増えていってしまいます。

 

場合によってはどうしても返済日に支払えないこともあるかも知れませんが、その場合は1日でも早く返済を行うように心掛けてください。

無理な借り入れは行わないようにしましょう

カードローンには申し込みの際に決められた限度額があるので、そう大金の借り入れを行うこともできませんが、限度額いっぱいまでの借り入れは危険なことも多いです。

 

限度額は申し込みを行った際に希望した額に応じて審査によって決まりますが、消費者金融では総量規制によって、最高でも年収の1/3までです。銀行にはそういった決まりはありませんが、大体の場合は似たようなラインになります。決まりがないのと返済が行えるかどうかは別だからです。

 

この総量規制で決められている年収の1/3という額には無理なく返済が行える上限という意味がありますが、これが所得ではなく、収入だという点がポイントになります。
例えば年収が300万円の人の場合、100万円が借り入れを行える上限になりますが、ここまで借り入れを行ってしまうと、現実的に考えて返済を行っていくのは難しいと言えるのです。

 

それは、年収が300万円の場合、実際の手取りとなる所得は250万円以下になると思われるからです。

 

借りたお金には当然利息が掛かります。年利15%での借り入れだとしても、100万円を借りると年間で8〜9万円程度の利息を支払うことになります。(返済都度に利息も減っていくので、そのまま15万円とはなりません)

 

この状態では、実際の手取り額の約半分を返済に回すことになってしまいます。とてもそのような返済を行っていくことはできないでしょう。

 

このように、限度額の範囲だからといって、そこまでは借りても大丈夫だと考えてしまうのは大変危険なのです。限度額がいくら高い場合でも、必要な額以上の借り入れは行わないようにしてください。

完済した後は解約を行いましょう

カードローンの借り入れを完済した後にそのままにしておくと、いつでもまた借り入れが行える状態になります。

 

この状態では解約が行われた訳ではないので、限度額も設定されたままになります。このカードローン限度額は、与信枠という扱いになります。つまり、信用情報上ではその額の借り入れを行っているのと同様に扱われてしまうのです。

 

例えば年収が300万円の人の場合、限度額が50万円のカードローンの契約を残したままにしておくと、総量規制上、あと50万円までしか借り入れは行えません。

 

これはクレジットカードやその他のローンの審査などにも影響を与えることがあり、解約を行わずにこの与信枠を残しておいた為、何かのローンが組めなかったということも少なくありません。

 

このカードローンの契約は解約を行わない限り、何も問題が無ければ消費者金融では5年、銀行では1年ごとに自動更新されます。

 

もうそのカードローンを利用することが無い場合、完済後は忘れずに解約を行ってください。

関連ページ

無利息キャンペーンの注意点
アイフルを始めとし多くの消費者金融で行われている一定期間の無利息キャンペーンですがそれなりに注意も必要です
ソフト闇金
あまり聞き慣れない「ソフト闇金」について
審査で大切なこと
カードローンでお金を借りるにはまず審査を通過しなければなりません。そこで大切なこととは?
総量規制と限度額
アイフルからお金を借りるには総量規制について注意が必要です。よって借り入れする際の限度額についても返済のバランスはもちろん総量規制についても計算するようにしましょう
ライバルのアコムはどうなっている?
アイフルとアコムのサービス内容は似ています。それぞれお好みに合わせて利用すると良いでしょう