アイフルの30日間金利0円サービスは便利だけど不安な点は?

アイフルでは新規の契約者に対して、30日間金利が0円になるサービスを行っています。このサービスは新規の契約であれば誰でも利用することができますが、その際には多少の注意点があります。

アイフルの金利0円サービスの特徴

アイフルに新規で申込みを行うと、この金利0円サービスを自動的に利用できます。同様のサービスは他の大手消費者金融でも行っていますが、それぞれ各社が提示している条件を満たさないと利用できないのに対し、アイフルでは新規の契約であれば特に条件は特にありません。

一度でも利用したことがある人は対象外です

過去にアイフルを利用したことがあり、完済をして解約をした人が再びアイフルを利用した場合には、この金利0円サービスの対象外です。過去も含めて新規の契約であることが唯一の条件らしい条件になります。

いつからいつまで適用されるの?

この30日間金利0円サービスはアイフルとの契約が成立した日の翌日を1日目として30日目まで適用されます。例えば7月1日に契約を行った場合7月31日までになります。

 

キャッシングの世界ではこの金利0円サービスの期間のように、契約日や借り入れ日自体は1日目と考えず、その翌日から数えることがほとんどです。借り入れに対する金利も借り入れ日自体には発生せず、その翌日から発生します。

 

このような数え方を”片端方式”と呼びます。キャッシングの世界ではこれが普通だと考えてください。

利用の際の注意点とは?

30日間金利0円サービスを利用する上で注意しなくてはいけないのは、返済方式に約定日制を選んだ場合です。

 

アイフルへの返済は、この約定日制、もしくはサイクル制から選択することができます。約定日制では、毎月の自分の好きな日を返済日として指定することができます。よって、1日に契約を行い、25日を返済日として指定した場合、無利息期間が終了する30日目までに返済日がやってくるのです。

無利息期間中でも返済日は守らないといけません

この例のように、約定日制では30日間の無利息期間中に初回の返済日がやってくることがあります。このような場合その日には初回の返済を行ってください。

 

アイフルへの毎回の返済額は、実際に利用している金額によって変わります。この金額を約定金額と呼び、毎回その金額以上の返済を行わなくてはいけません。これは初回の返済日でも同様で、無利息期間中であっても約定金額以上の返済を行ってください。

返済を行わないと…

この無利息期間中の返済日に約定金額以上の返済を行わないと、その日で無利息期間は強制的に終了となります。そして、返済を行うまで1日ごとに日割りでの金利、及び遅延損害金が発生してしまいます。

 

例として、年利18%の金利で20万円の借り入れを行っていた場合に返済が1日遅れてしまうと、1日分の金利として約98円、そして、遅延損害金が約109円発生します。(アイフルの遅延損害金は年利20%相当です)

 

これらの金利や損害金は借り入れ残高をベースに計算されるので、返済が遅れるほどそれぞれの金額も上がっていきます。もし返済日を忘れてしまった場合でも、なるべく早く返済するに限ります。

信用情報にも記録されてしまいます

キャッシングの返済の遅延は信用情報に記録されます。1日程度であればそれが今後のキャッシングやその他のローン契約などにそれほど影響を与えることはありませんが、このような記録は無い方がいいのは言うまでもありません。

 

信用情報に余計な記録を残さない為にも、無利息期間中でも返済日には注意してください。

どれくらい得になるの?

30日間金利0円サービスを利用すると、実際にどれくらい得になるのかを計算してみると、30万円を借りた場合で約4,438円(年利18%の金利で計算)、50万円だと約7,397円も得になります。

 

アイフルの30日間金利0円サービスは、利用金額を問わず、契約日の翌日から30日目まで一切金利が無料になります。大きい金額を利用した場合ほど得になる金額も大きくなるので、この30日間を大いに活用してください。

無利息期間が過ぎてしまったら?

無利息期間の30日間が経過するとその次の日から金利が発生します。無利息期間の数え方で32日目に全額を返済する場合、2日分だけの金利を支払うことになります。

 

このように、無利息期間が過ぎてしまっても経過した日数分だけの金利の請求になるので、無理に無利息期間中に全額を返済する必要はありません。無利息期間が経過しても、それまでの金利を一気に請求されるようなことはないので安心してください。

サイクル制を選択する場合

返済方式でサイクル制を選択すると、35日周期で返済日がやってきます。その為、初回の返済日は契約日の35日後になるので、無利息期間中に返済日はありません。

 

この方式であれば初回の返済日は無利息期間が終わった後になるので、うっかり忘れてしまうことは無くなります。

 

ただし、35日周期となると毎月一定の日ではなくなるので、今度は2回目、3回目の返済日を間違えてしまうようなことにもなりかねません。この方式での返済を選んだ場合には無利息期間中より、その後の返済日に注意が必要になるということです。


借り入れするのに時間や手間がどれくらいかかるか不安ですよね?


アイフルなら申込書類は基本運転免許証のみ、審査回答も最速で30分


「えっ?こんなに早くて簡単ならもっと早くから利用しておけばよかった!」と思うはずです。


アイフルへ申し込む